この世はしょせん夢芝居

考えたこと、趣味の読書のことをメインに書いています。いわゆるチラ裏です。

ギリシャ紀行と村上春樹氏への憧れ

京都生まれ。早稲田大学在学中の1974年から東京国分寺でジャズ喫茶を開店。夜間はジャズバーで開店資金は夫婦でアルバイトと借金をして貯めた500万円で、店を続けながら1975年に7年在学した早稲田大学文学部を卒業。1978年に神宮球場で天啓めいたものを受けて、ジャズ喫茶を経営しながらキッチンテーブルで小説を書いた。

1979年4月、文芸誌『群像』に応募した『風の歌を聴け』が群像新人文学賞を受賞。作家デビュー。1981年に専業作家となることを決意し、愛着のあった店を人に譲る。そして数作を経て、1986年10月にヨーロッパへ。3年ほど、ギリシャ、イタリアへ渡り、短期滞在を繰り返して過ごす。そんな期間に書いた「ノルウェイの森」が1987年、430万部のベストセラーになる……。

f:id:taftaftaf:20170204205404j:plain

 

村上春樹さんとギリシャの関係 「遠い太鼓」

 

村上春樹さんは、たふたふの敬愛する作家のひとりです。だけでなく、敬愛する先輩でもあります。まあ面識は無くて一方的な片思いでしかも学部は違うけれども、卒業した大学が同じなら、先輩だって言っても許されるんじゃないかなと。……ダイジョウブですよね?

 

上述した村上春樹さんの作家としての前半生略歴の通り、1986年から3年間、ヨーロッパに行って、そこで観光を織り交ぜながら文章を書く仕事をされています。

 

「遠い太鼓」というエッセイというか日記というか雑文集みたいな書籍が出ていて、そこにステイの様子が書かれています。現代だったらブログで発表するような内容ですし、やってることもノマドワーカーですよね。20年前は、ノマドワーカーなんていう言葉はなかったですけれど、現代を先取りしたワークスタイルですねー。

 

話を戻すと、当時、村上春樹さん拠点をローマに置きながら、各地の家具付きのアパートメントを借りてショートステイをされてます。ギリシャにはよく行かれていて、ショートステイだけでなく観光も含め、スペッツェス島、ミコノス島、クレタそれとロードス島で過ごされています。もちろんアテネにも何度も行ってます。ギリシャの大きな空港やフェリーの港があるのはこの都市しかないですからね。

 

村上春樹さんに憧れる僕もギリシャに行ってきました

 

2010年にたふたふがギリシャ旅行をしたときは、さすがにエーゲ海の島々に滞在、とはいかなかったのですが、アテネを訪れたとき、エーゲ海の手近な島(エギナ島、Aegina)に行きました。これはこの島に行きたかったというよりは、行き先はどこでもいいから、船でエーゲ海を渡ってみたかったんですよね。船好きなので。

 

でも、たふたふが旅行した当時、ギリシャも経済的にかなり良くない時期で、街もなんとなく寂しい感じでした。でもそのおかげで、前出の「遠い太鼓」観光国ギリシャという国のオフシーズンの物悲しさというか閑散とした雰囲気はなんとなくわかりました。

 

しかも、廃墟遺跡が多くて、旅行を通してギリシャは寂しい国だなあという印象でした。一人旅ということもあって贅沢旅行ではない旅行でしたが、ギリシャ本土ではなく、もっと観光地の島を回ってツーリスティックな旅行をしないと、観光国ギリシャの本当の姿は見えて来ないのかも知れませんね。サントリーニ島とか。

 

旅の教訓としては、「どうせ行くなら、エーゲ海クルーズ!」 …ですね。

 

あ、それから、また別の機会に書きますけれど、ギリシャには、ギリシャ神話関連の遺物なんてまともに残っていませんよ。バックパッカーの方のブログをよく読むのですが、「ギリシャといえばギリシャ神話!」という感じで、まあ日本人の一般的な認識だと思うのですが、ギリシャが辿ってきた歴史を考えれば、何も残っていないのが当たり前なんです。

 

 

それでは、写真晒しタイムです。アテネからピレウス、そしてフェリーでエーゲ海を渡り、エギア島へ行ったときの写真です。

 

 

 アテネ(アティーネと発音していた記憶)には列車で入りました。

f:id:taftaftaf:20170204211526j:plain

 

アテネ市街からパルテノン神殿を見上げてみたり…

f:id:taftaftaf:20170204211542j:plain

 

 パルテノン周辺。

f:id:taftaftaf:20170204211553j:plain

 

で、フェリー。

f:id:taftaftaf:20170204213222j:plain

 

アテネの外港、ピレウスのフェリー乗り場。

f:id:taftaftaf:20170204213233j:plain

 

でかいフェリー。カーフェリーで車ごと乗れます。

f:id:taftaftaf:20170204211610j:plain

 

高速船もあります。しゅばーって進みます。

f:id:taftaftaf:20170204213309j:plain

 

外海に出ると青が深くなるエーゲ海。(高速船の窓越しの写真)

f:id:taftaftaf:20170204213319j:plain

 

あっという間のエギア島。天気が悪い。

f:id:taftaftaf:20170204211628j:plain

 

 エギア島海岸。

f:id:taftaftaf:20170204211644j:plain

 

 エーゲ海っぽい。(実際エーゲ海だけど)

f:id:taftaftaf:20170204211658j:plain

 

季節は春。

f:id:taftaftaf:20170204211755j:plain

 

船を作ってました。かっこいい。

f:id:taftaftaf:20170204211725j:plain

 

島にはひとつだけ博物館と、併設の廃墟。大昔、陶器を焼いていたそうです。

f:id:taftaftaf:20170204211741j:plain

 

 

とまあ、たふたふのなかでギリシャのイメージってちょっとさびしい感じです。でも、多くの人のギリシャのイメージってこんなんですよね。

retrip.jp

 

村上春樹さんの「遠い太鼓」。

一番最初に滞在するスペッツェス島は、のどかだけど寂しい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長寿社会の問題点 <定命のもの(2)>

命には限りがあります。それが生命の定義のひとつであり、一方で悩みのタネであるのですが、しかし、現代において、現実として、我々の寿命はどんどん伸びています。

f:id:taftaftaf:20170202224258j:plain

 

ご存知のように生活環境や栄養状態の向上、また医療技術の進歩により寿命はさらに伸びています。特に医療技術進展の寄与は大きく、平均寿命は100歳を超えるという説を唱える人もいます。我々人類は、インモータル(不死)に近づいているという話です。

 

で、実際のところはどうなのか、さっと調べてみると、2015年度の日本人の平均寿命調査で、男性が80.79歳、女性が87.05歳ということ。

日本人の平均寿命はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

 

過去からの推移はこんな感じ。

 

f:id:taftaftaf:20170202224314p:plain

 

 

寿命は時代を経るごとに順調に伸びています。もちろん寿命が伸びることは喜ばしく歓迎すべきことなのですが、問題も出てきますね。悪い面も軽く考えてみましょう。

 

悪い面としてよく言われるのが、人生をつつがなく終えるためのお金の不足。死ぬまで裕福に暮らすには定年までに1億円貯めなければいけないなどと生命保険会社が言っています。本当にこれだけ必要かはわかりませんが、年金の制度が破綻したらいくらお金を持っていても足りないでしょうね。

 

そういう心理が働くのか、日本では高齢者が財産を溜め込み、一方で若者が貯蓄できていないという問題もあります。世代間で財産が還流していないという問題ですね。統計上、日本の貯蓄率は高いと言われながらも不均衡があるという例です。寿命が伸びれば、世代間の財産的不均衡は拡大すると考えられます。不謹慎かも知れませんが、世代間の財産の不均衡は相続という制度を通って一般的には解消されるからです。

 

 それから、長寿社会は高齢社会でもあります。つまり、平均寿命が伸びることの悪い面は、高齢社会の悪いところがそのまま適用できます。医療費の増大、痴呆、介護の諸問題、働き手と養われる者の不均衡、消費の減少、活力の低下とかそういうところです。

 

最近だと高齢者による交通事故もそのひとつでしょうか。年を取ると、目や耳の感覚やとっさの判断力が衰えます。動物であればこれは避けがたいことです。早く自動運転が広まらないかな、そうすれば高齢者が危険な運転などしなくてもいいのになーなどと考えています。

 

本当はこれらの諸問題に、自分なりの回答でもつけられればよかったのですが、残念ながら良い考えが浮かびませんでした。気の利いた答えも思いつかず。

 

でもいろいろと考えたおかげで、死ぬことのない「インモータル」たちの心情に少しでも寄り添うことができたかも。お気楽そうな神々も、実は結構、彼らなりの悩みを抱えているのかも知れません。

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

 

 

命に期限があるから輝ける <定命のもの(1)>

そういえば、インモータルズという映画がありました。

f:id:taftaftaf:20170129003509j:plain

 

ギリシャ神話の神々が出てきて敵と戦う映画でした。まあ壮大そうな割には日本の予算の少ない特撮物を連想させる出来でしたが……さて。

 

インモータル(英語)は、イン・モータルと切ります。インは否定の接頭辞ですね。インモー・タルときってはいけません。色々な意味でですね。ちょっとおシモっぽくなります。とにかく、イン・モータル。モータル(mortal)とは、「死すべき運命の、定命の」という意味なので、それを否定するインモータルとは、「不死のもの」。つまり、神様の代名詞です。じゃあ死すべき運命のモータルは、といえば、人間のことを指すんですね。

 

人間ははかない定命の存在。誰も彼も皆いつか死ぬのに、そのことを忘れているのかあえて見ないのか、とにかく意識の外に置いて生活しています。暖衣飽食、それだけでなく娯楽が尽きぬ現世にあって、わざわざ死を意識することは逆に難しいのかも知れません。そういう中でも死を、つまりは生が有限であることを嗅ぎ取って、人生を積極的に選び取っていく人たちも少数ながらいます。

 

不思議なものです。絶対に避けられないものだし、そう遠いものでもないというのに、「自分の死」だけは遠く意識から追いやっている。でも、終わりがあるから「今」を大切にしようと思うものです。限りがあるから、人生を輝かせたいという発想が出てくるし、実際に人生を輝かせるために厳しい努力を積み、自分の能力を開発し困難に打ち勝ち、華々しく生きる人もいます。終わりがないと思えば、いつまでもダラダラするのが人間というものです。自分がはかない定命のものだということに、逆に感謝をして生きるべきなのでしょうね。人間が神々よりも優れている点は、期限が定まった命を持っていることにあるのです。(続く)

 

 

 

海外旅行の費用は、高いのか? それは何を求めて旅をするかで決まります。

 

 

海外旅行の費用を、高いと感じるのか、安いと感じるのか?

それは何を求めて旅をするかによって決まります。

もちろん旅行はそれだけで楽しいものですけれど、楽しみのために行くのであれば「消費」となりますし、自分の成長機会と考えれば「投資」になります。あるいは、旅そのものが「人生の目的」になる人もいます。

一般的には、海外旅行に使うお金は

「消費」→「投資」→「人生の目的」 の順で大きくなっていくのでしょう。

だから「消費」と考えれば高いと感じるものも、「投資」と考えればぐっと安くなるのです。「人生の目的」だと考えるのであれば、いろいろなものを犠牲にしてでも手に入れるものです。これは旅に限った話ではありません。

もちろん安く感じられればいいというものでもないです。ただ、こういう価値判断の積み重ねで、「自分」というものが枠取られるものなのです。自分をかたちづくる枠組みにはできるだけ敏感でありたい。そう思いませんか?

ちなみにたふたふは、海外旅行を「投資」と「人生の目的」の中間くらいに位置付けています。旅を「人生の目的」と位置付けられるほどぶっとんだ判断ができない自分の中途半端さが時折悔しいですね。良識は自分を縛る碇なのかも知れません。碇に固定されていれば安全ですが、それでは自分という船は港から出ていけないわけですから。

せめて、いつかこの碇を外すんだという気持ちは忘れずにいたいです。それがいかにも凡人らしい所業だと評価されるにしても。 

 

 

 

 

 

 

 

「直虎? 誰それ?」 そう思っていた時期がありました。

柴咲コウは知っているが、井伊直虎なる人物は知らない。

 

www.nhk.or.jp

 

記憶はかなり怪しくなってきたけれど、自分はそれなりに歴史に詳しい方だと思っているのに、今年の大河ドラマの主人公、直虎という人物に聞き覚えがありません。

 

女城主。珍しい肩書きなのに、脳内検索にヒットしてこない。

 

ぼんやりテレビを眺めてあれこれ思う。生涯女犯の戒をおかさなかったと云う上杉謙信は実は女性だったと云う俗聞がある。そういう俗聞ネタをベースにしているのかもしれない。確か、幾度も改名した上杉謙信の名前の中に虎の文字が入っているものがあった。なんとか虎。いや、しかしあれは影虎だ。直虎じゃない。

 

とまあ疑問には思いましたが、ネット検索するほどでもなく。

 

ドラマガリレオの福山・柴咲コンビは両方とも大河主演か……すごいな」などと云う感想に想いが移って、疑問はそのまま忘れてしまいました。それから特に疑問に思うことも、大河を見ることもなく日々を漫然と阿呆のように過ごしていたのですが、ついこの間、本を乱読していた時に、たまたま見つけたんですよ。直虎。いやーほんと、すごい偶然!

 

この本です。歴史短編集ですが、この2話目の「井伊の虎」が直虎の話です。

 

井伊直虎ってどんな人? って聞かれた時に、一番わかりやすく言うと、こうなると思います。

 

井伊直政の養親」

 

です。井伊直政とは、徳川家康譜代の家臣の一人で、徳川四天王の一人に数えられています。最終的な封地は彦根藩、今の滋賀県ですね。直政を初代とする井伊家は徳川時代に重要な地位を占め続け、後代、桜田門外の変で有名な井伊直弼を輩出します。

 

そんな名家・井伊家の礎の一人であったのが、2017年大河主人公の「直虎」だと云うことです。いやー、すごいですねー!

 

思うんですけど、今年2017年は、滋賀県のマスコットキャラ「ひこにゃん」にできますよ。家族が。今年の大河に乗っかって!

 

名前は「ひこタイガーママ」! ……だと思うんですけど、どうでしょうね。

 

 

 

「台湾ラーメン」 食べて寒さをしのぐ

あんまり寒いので、「台湾ラーメン」を食べて帰ってきました。

 

台湾ラーメンとは、唐辛子とひき肉とニラの入った醤油ベースのラーメンで、東海地方でしか見られないラーメンです。ピリ辛スープにひき肉まじりの黄色い麺をズズッとすすると、寒さが吹っ飛びます。

 

唐辛子を炒めて、旨みを溶け出させた油も入っているんですよね。ほら、ペペロンチーノをつくる時と同じですよ。唐辛子の旨味とひき肉の味が引き立てあって、グーなのですよ。

 

台湾ラーメンは東海地方の中華料理屋で出てくる料理です。ちなみに、台湾ラーメンと名前が付いていますが、台湾にはこのラーメンはありません。オンリーワンですね!

 

名古屋にある「味仙」という店が発祥ということで有名で、いつも混み合っているみたいですよ。名古屋に立ち寄られた際は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

本に酔って寒さをしのぐ

 

村上春樹という作家は、好き嫌いがあるとよく言われますけれど、少なくとも、人を酒を使わずに、文章で酔わせることができる作家と言えます。

 

寒波が来て凍えるこんな日ですから、こたつに潜って、村上春樹に酔って寒さをしのぐのもいいんじゃないでしょうかね。

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹