この世はしょせん夢芝居

考えたこと、趣味の読書のことをメインに書いています。いわゆるチラ裏です。

水素スタンドの建設計画のニュース。透けて見えたトヨタの思惑

 

昨日の報道なのですが、水素スタンドを11社連合で建設推進する計画が出たそうです。トヨタ自動車やJXTGエネルギーなど11社は、2022年3月末までに水素ステーションを国内80箇所に共同で建設。これにより国内ステーション数は倍増の見通し。

 

トヨタの他にも、日産自動車やホンダ、出光興産、東京ガス岩谷産業豊田通商日本政策投資銀行などの11社が出資。来春にも共同出資会社を設立するそうです。

 

f:id:taftaftaf:20171028223508j:plain

 

水素は、燃料電池車(FCV)の燃料。FCVとは、水素を車で分解し電気にしてモーターで走る車です。

 

マツダと提携して内燃機関を確保する一方で、ミライ(MIRAI)など電気自動車(EV)の開発を進めているトヨタ。しかしながら、やはり本命は水素の燃料電池車(FCV)だと再認識させてくれる報道です。

 

なるほど世界レベルの大企業。全方位に気を配りながら独自路線も押し通す余裕がさすがです。

 

今年10月の東京モーターショーにも出展した水素で動くバスも2018年から発売を予定、グループ会社のトヨタ織機も水素で動くフォークリフトの販売を拡大するなど、まずは産業用からの普及を目指すということで、ごりごり来ています。

 

ちょうどテスラは新車の開発が遅れ、発売延期になったこの時期のこの動き。トヨタも黙って負けてはいないというところでしょうか。

 

とまれ、日本政府は30年までにFCVやEVなど次世代自動車が新車販売に占める割合を5〜7割に引き上げる計画とのことで、やはり内燃機関車から次世代の車へ切り替わっていく流れはとまらないようです。

 

 

やはりトヨタの本命はFCV


中国・欧州がEV化へ年次目標を示し、相次いでEV化へ舵を切るなか、トヨタが打ち出すFCVという独自路線。

 

なかなか熱いですね。FCVは水素を電気へ変換して走るので、EVと互換できる技術や機構が多い。もしFCVの時代が来なくても、EVにすぐに切り替えることができてリスクが少ないというところも、独自のFCV路線を推し進められる理由でしょう。

 

ところで、FCVとEV、燃料以外には何が違うの? というところですが、ユーザー視点から見た時に一番重要な違いは、燃料の「充填時間」が違いとしてあげられるでしょう。

 

EVは航続距離という弱点を克服しつつありますが、充電時間が長いという弱点があります。急速充電の技術の開発は進んでいますが、それでもやはり満タンにするまで30分〜1時間はかかる。技術的にはかなり進んでいるのですが、実際にEVを使う身になって考えてみれば、時間に余裕があるときばかりでなし、急ぎのときは困りそうですよね。

 

しかし、その点、水素なら水素をしゅーっと封入するだけなので、今までのガソリン車と同じような使い勝手が再現できます。なのにガソリン車とは違って排出するのは水のみ、完全クリーンです。

 

 

 

 

2匹めのどじょうならぬプリウスを狙っているトヨタ

 

突然ですが、トヨタの顔とも言えるハイブリッド車プリウス」が、今年何歳だかご存知でしょうか。

 

TV CMもしていたのでご存知の方も多いと思いますが、1997年に量産発売されたので、2017年の今年は20歳。発売当時は、「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーで売られた未来感のあるハイブリット車ですが、いつの間にかもう立派な大人です。

 

当時ーー20世紀末のことですがーーモータリゼーションの進展とともに問題となかった公害事件を受けて、自動車メーカー各社は「エコでクリーン」な車を作る技術を競っていました。EVも当時からありましたが、航続距離が課題で実用化はまだまだ先、という結論になりました。ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド技術は、理論上では現実解のひとつでしたが、モーターとエンジンを同時ないし交互に駆動させる技術機構が極めて難しく、欧州では実現不可能として諦められました。その後、欧州はエコカーにはディーゼルエンジンを採用。だから欧州車はディーゼル車が多いんですね。

 

しかしトヨタはハイブリッド技術を諦めませんでした。そしてついにハイブリッド車の本命であるプリウスを発売。しかしすぐに売れたわけではありません。1997年に発売し、国内販売台数100万台に至ったのは、発売から10年以上たった2010年(*)でした。その後、7年でぎゅーんと伸びて500万台に乗る大ヒット。

 

ヒットまでの間は、日本はともかく世界市場からはハイブリッドはダメだと散々ディスられましたが、大きな事故もなく世間に受け入れられ、苦節10年を経てプリウスは大ヒット車となりました。

 

この成功体験をもう一度! というのが、トヨタの本音なんでしょうね。昔、ハイブリッド技術は非主流で劣勢の位置に居ました。今のFCVに重なると言えば、重なります。

 

自動車の技術変更は自動車業界だけでなく、日本の、いえ世界の産業構造に変化を与えるインパクトがあります。なので自動車の技術レースはとてもエキサイティングですね。どんな結果になるか、興味を持って見守っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

未来は、覗こうと思ったひとにはその姿を見せてくれるものですね。

 

 

 

(*)部分は、日経トレンディ記事を参考しています。

 

 

【思えば、孤独は美しい 糸井重里】

 

 

f:id:taftaftaf:20171209225240j:plain

 

 

 

f:id:taftaftaf:20171209225302j:plain

 

 

糸井重里さんの【思えば、孤独は美しい】が先日うちに届きました。

 

 

ラジオ番組の司会者が

「孤独を感じることは?」と質問した

とても軽やかに谷川俊太郎は答えた。

「孤独は前提でしょう」

夜を見ながら、風呂にでも入ろうか。

           (孤独は前提  P156)

 

 

1ページに収まるぐらいの言葉たちが、300ページ弱に収められています。

 

詩文のような警句のような不思議な言葉たちです。

 

短いからさっと読めそうでいて、読めない。短い言葉の中に折りたたまれてぎゅっと濃縮されている意味と言葉を読んでいくと、なかなか読み飛ばせない。すごい情報密度です。でもそんな風に、本の中を、まるで対話しながら散歩するように読んでもらえるように、この本はできているんじゃないかな。

 

装丁もすごく凝っていて、ヒグチユウコさんのイラストは額に入れておきたいくらいの繊細で美しい一枚絵だし、縒り紙の表紙は持っていて手触りがいいし、側面はチョコレート色になっていて、すごくお洒落な感じがする。自分みたいな流行オンチが言うのもなんだけれど、喫茶店とかにインテリアとしてどうですか? ……とお薦めしてみる。

 

普段は電子書籍派だけれど、こういう本が一冊手元にあってもいいですねえ。少し自分の世界が広がった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

他の本と一緒に買いました。

taftaftaf.hatenablog.com

 

同系統の蒼井ブルーさん。

taftaftaf.hatenablog.com

 

 

日馬富士 騒動に思う

 大相撲の横綱日馬富士貴乃花部屋の幕内・貴ノ岩を殴打した事件があり、警察の捜査が続いている中、日馬富士が引退を表明しました。

 

今回の事件は、角界の慣例・相撲協会の隠蔽体質・沈黙を守る貴乃花など問題が大きく広がってはいますが、一番大切な事件の事実関係がはっきりしていません。関係者の証言の信憑性がすごく低く、大きく取り上げられている報道も憶測が多いので、話半分にしか受け止めていません。

 

そんな中で、一方の当事者である貴乃花の考えがわかりそうな情報があったのでメモ。元のブログは2013年とかなり古いですが、親方をやるような人の考え方はそうそう変わらないことを考えると、参考になるのかも。

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

弱い立場の人を、体を張って守ろうという人は、だいたい間違っていないんだろうなって思ってます。

 

 

【お金 2.0】は面白い

 

佐藤航陽さんの【お金 2.0】を読み進めているけれど、面白いですね。

 

価値の保存・尺度・交換という機能を持つと言われているお金を、氏の得意な技術・仕組み的なアプローチから説き起こしてくれています。10ー30年くらいのスパンを見越して書かれているように思うので、すぐに使える! という話はありませんが、仮想通貨やシェアリングなど、今まさに起きている、新しい経済ムーブメントへの理解が深まりそう。

 

 

 

下は編集者さんの呟き。やっぱり売れてるんだ…。

 

 

 

 

 

taftaftaf.hatenablog.com

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

 

 

トイレ革命

中国 習近平国家主席が、27日までに、観光業の発展に向け各地にきれいなトイレを整備する「トイレ革命」を推進するよう指示した、と報道がありました。今年10月末の時点で、目標を大きく上回る68000箇所のトイレを改修したり、新設したりしたそうです。

 

f:id:taftaftaf:20171028223508j:plain

 

都市部だけではなく、農村部でもこのトイレ革命を推進する指示だそうです。貧困にあえぐ農村部にはトイレよりももっとすべきことがあるだろう、というのが報道の論調でした。きっと記事の筆者は、もっと貧困対策や福祉政策にちからを入れるべきだということでしょうが、わたしの考えは少し違います。

 

人の生活には、「これで当たり前」という概念がつきまといます。「これが常識」「これが普通」「当たり前」という声を聞きますが、「常識というのは20歳までに得た偏見のことである」という言葉があるように、人は自分の身の回りのことからしか、自分の判断基準を得ることができません。

 

海の魚が山の獣の生活を想像することができないように、まったく違う環境にいる存在の生活を想像することができません。いやそれどころか、我々は隣人がどのような習慣で生活をしているのか、知っているようで実は知らないはずです。複数の人間が共同生活をするときの難しさを思えば、生活習慣が微妙に違うということの壁の高さは想像がつくのではないでしょうか。

 

同じように、中国の都市生活者と農村生活者とも違います。今や都市生活者は日本人と変わらない衛生生活習慣を持っていますが、農村生活者は昔ながらの衛生観念が根付いています。しかし、中国の為政者の立場に立ってみれば、この都市生活者の感覚と、農村生活者の生活上の感覚をできる限り近づけなければならないでしょう。そのときに、何が手段として有効か。

 

都市生活者と農村生活者の生活をそっくりそのまま入れ替えてしまえば平準化できるでしょうが、現実的にはそのようなことはできません。

 

ではそれぞれの生活者の一部のクオリティを、出来る限り近づける。それには何を変えてやるのが有効か。人の生活には、どんな人でも、寝る、食べる、排泄する、が入っている。そのどれを選んだら最適か……。

 

こんな風に思考を追っていくと、偉い人が「トイレ革命が重要だ」と言い出す背景が少しわかる気がします。農村生活者がお金を稼ぐためには、都市生活者と同じ観念を持たなければならないでしょうから、両者が同じようなトイレを使うということは、その一歩にもなるわけです。

 

そもそも近代的なトイレを設置することは、衛生的になり、上下水道網の整備が進み、人々の衛生観念もあがるわけですから、波及効果は他にもありそうですね。

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

人の意識を変えるには、まず身近なところから、ですね。

 

 

【佐藤航陽さん 新刊 お金2.0 新しい経済のルールと生き方】

 

 

 

「未来に先回りする思考法」といった著作やキレ味の良いブログを運営されている佐藤航陽さんの新刊「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」が11月30日に発売。

 

そういうわけでさくっと予約しました。

 

紙の本だけでなく、Kindle版も同時発売なのでKindle版で予約購入。

(配信は1日早い11月29日)

 

とっても楽しみですねー。

 

さらに今作は編集者があの「多動力」などヒット作を飛ばしている箕輪さんなんですよ。良い本に違いない。

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

12月は読書月間になりそうです。

 

taftaftaf.hatenablog.com

【内田洋子さん新刊 対岸のヴェネツィア】

内田洋子さんの新刊をAmazonでポチりました。文庫化まで待とうかとも思ったけれども、そこは勢いで。

 

 

水の都ヴェネツィアのエッセイ。本の到着は明日以降なので楽しみですねー。 

 

遠浅に作られた人工の街は中央をS字型の大運河が貫き、陸にあたる部分にはびっしりと石造りの建物が並ぶ。元々フン族の侵略を避けるために作られた都市は共和国として金融と交易でおおいに栄え、ナポレオンの侵略で国が崩壊するまで千年も続いた。その栄光の歴史の残滓は独特の景観が美しく、21世紀の今も観光客も多く訪れる街。そんな豆知識でした。

 

 

あと、勢いで2冊予約しました。

 

12月は読む本が多くなりそうで楽しみです。

 

 

 

塩野七生さん ギリシア人の物語Ⅲ 新しき力】

書影まだでした。

毎年1冊ずつ出ていたギリシア人シリーズも、今作で完結を予定。

12月15日発売予定。(Amazon) 

 

 

 

糸井重里さん 思えば孤独は美しい】

 

 

表紙の絵が美しいですね。 

 12月5日発売予定。(Amazon