この世は所詮 夢芝居

読んだ小説。ビジネス本。エッセイ。海外旅行。食べ物とか日常とか。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏。

知覚できない変化で、行動を変えるのは無理だけど。

1.ファミレスにて

 

ファミレスに行ったら、高校生ぐらいの女の子が4人、4人席に集まっていたんですよ。通路を挟んで離れた席に自分は座ったんですけど、そう混んでもいなかったし、女の子たちも声をひそめる気配がなかったので、その気もないのに内容が聞こえてきます。どうも、文化祭かなにかで、ステージ企画をやるので、その打ち合わせのようです。ときおり低く歌いながら手でフリをやっています。

 

いまはAKBのような手作りアイドル時代だからか、ステージ上の振り付けや移動、人の出番にいたるまで全部生徒の手作りなんですね。フリの良し悪しやメンバーの移動を直線じゃなくて円にしようかどうかとか議論していました。まあ、傍で聞いていても何が良くて何が悪いのかまったくわかりません。

 

 

 

 

2.ところでマスの実験

 

ところで話はまったく変わるのですが、「マスの実験」というのをご存知でしょうか。マスは魚のマスです。

 

上から見て長方形の水槽。この縁に沿ってマスが気持ちよく四角を描いて泳いでいるところに、対角線に沿ってガラス板をいれます。そうなると当然マスも水槽の縁にそって四角く移動できませんから、対角線のガラス板にそって、三角を描くように回遊するようになります。そうなってからガラス板を取り出すと、マスはどう回遊するでしょうか。皆さんご存知だと思いますが、マスは再び水槽にそって四角く泳ぐのではなく、存在しなくなったガラス板にそって、三角に泳ぎ続けるのです。

 

このマスと同じように、人間も自分で知らず知らずのうちに限界を設定してしまって、その限界が取り払われたあとも、その限界から飛び出せなくなる。人間はマスになるのではなく、人間らしく外に飛び出すべきだ。巷ではこの実験はそういうふうに語られます。

 

しかし、考えてみると、随分と酷な話です。

 

マスは魚に過ぎませんから、ガラスという透明な物質の存在を知りません。ゆえにマスは「理由はわからないが、経験によって、ここより先には行けない=世界とはそういうものだ」という高度な学習によって、三角に泳ぐようになっているわけです。ある意味で、三角に泳ぐマスは訓練されたマス、環境に適応したマスだと言えます。しかもその環境の変化(対角線上のガラス板)は、マスにとって知覚できないのです。人間に例えれば、人間に4次元を知覚させようとするようなものです。うーん、ハードモード。

 

 

 

 

3.知覚できない変化で、行動を変えるのは無理だけど。

 

知覚できない条件の変化を、無理に知覚してまで、自分の世界を広げる必要はないんじゃないの? と考えました。

 

だって自分の能力や時間のリソースは限られているわけだし。知覚できないものに対してトライを繰り返すのは効率が悪すぎる。与えられた条件の中で、良い結果を出すことにリソースを配分したほうが、よほど合理的です。

 

けれど、自分が知らず知らずのうちに設定している限界があって、その向こう側には自分が知らない世界がある、ということは知っていたほうがいい気がします。

 

一番最初の話に戻るなら、あの女の子たちと一緒に何かやることは一生ないでしょうけれど、でもイマドキの女子は自分たちでステージ企画を体験する機会があって、能力もある。そういう草の根活動的なものが存在している。そういうことを知っているのは有益な気がします。

 

つまり、身近には自分の知らない世界があり、自分はその世界を選ばずに生きているのだということ。知らない世界は何かをやろうとするとき、決断するときに不確定要素になりえますからね。自分の知らない世界があることを知っているだけで、思考は随分と正確になり、他者とわかりあえるのでしょうね。

 

 

 

そうか、これがいわゆる「バカの壁養老孟司さん)」なんですね。自分が知らないことを知ること、知らないことを無いものと扱わないで知ろうと試みなければいけないこと。忘れていたことを思い出した日でした。

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

長い文章もたまには書いてみました。

 

 

目指す憧れの人を持つと成長が早くなるという話

 

 

憧れの人がいると、成長が早いんですよね。

 

憧れの人っていうのは、「こうなりたい」と思うからこそ憧れの人であって、それはつまり自分にとっての目標とかお手本という意味なんですよね。格好良く横文字でロールモデルと言い換えることもできますね。

 

物事を習得するときに、お手本があったほうが習得が早いっていうのは当たり前のこと。お手本を見て、言葉では表れない微妙なコツややり方を学ぶことができます。物事を習得するときに非言語の情報っていうのは結構あって、しかもそういう微妙なところほど大事だったりするものですよね。

 

「この人みたいになりたい」っていう願いには、いろいろな想いが込められていることが多いです。その人の性格、考え方、判断、振る舞い、雰囲気……どれも言葉では言い表せないものです。けれど目指すものが曖昧だからと言って習得できないということではなく、憧れの人を真似ることで、少しずつ近づいていける可能性がある。重大な判断をするときに、憧れの人あの人ならどうするだろう、と考えることで、良い判断をくだすことができます。ひょっとしたら、これを読まれている方にはそういう経験をされている方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

憧れの人、というのは目標とイコールですから、立派であればあるほど良いと言えます。けれど、あまりに自分との距離がありすぎても目指す心が折れてしまうので、下のレベルというと印象が悪いですけれど、自分により近い憧れの人を何人か持つとさらにうまく行くでしょうね。

 

 

 

自分の目指す憧れの人を持つには、できるだけ自分の世間を広く持つ必要があります。

 

狭い世間の中で憧れの人を持つことは、理論上難しいです。

 

人の質は、その人の集団の母数が増えれば増えるほど、高くなる傾向があります。

 

10人にひとりから憧れの人を選ぶよりも、1000人からひとり憧れの人を選んだほうが、よりベターな人を選択することができる、とそういうことです。

 

もちろん10人から憧れの人を選ぶこともできますし、その一人がとても素晴らしい人である可能性もありますが、そのときは貴方が非常にラッキーだったということです。神様の配剤に感謝しておきましょう。

 

ちなみにわたしの場合は、とても狭く世間を使っていたので、憧れの人というのをほとんど持ちませんでした。だから成長も遅かったと思いますし、昔を振り返ってもったいないことをしたなあと思います。

 

今はネットのおかげで、自分からアクションを起こせば、たくさんの人につながることができます。そういう意味で、今の若い人は自分の「憧れの人」を見つけることができる可能性が高く、また成長も早いのだと思います。有利な環境でうらやましい。

 

 

話を戻すと、世間を広く使って、憧れの人をどんどん発掘すれば、貴方の成長はどんどん早くなります。自分の目指す憧れの人を思い描くだけで、自分の背筋が心持ちピンと伸びる気がします。わたしももっと頑張らないといけませんねー。

 

 

 

 

【 月の満ち欠け 】

 

佐藤正午さんが「月の満ち欠け」で第157回直木賞を受賞されました!

 

昔からこの方の文章は好きなんですよ。なんだかしっとりとした手触りがあって、しかも艶があるんです。文章の評価の仕方としておかしいのかも知れませんが、でもそういう感じです。

 

でも佐藤正午さんの本を手にするのは「Y」か「ジャンプ」ぶり。もう10年以上前なんですね……。寡作な作家さんなのです。ご本人も1955年生まれということで、もう還暦過ぎての直木賞受賞ですよ。めでたいですね…!

 

今作の「月の満ち欠け」は流行りの生まれ変わりモノですが、生まれ変わる本人視点ではなく、周囲の視点から物語が描かれています。なので、単純な感動ものではなく、ひと味違った読後感が味わえると思います。生まれ変わりというのは、良いことばかりではなく、一種の呪いなのかも知れませんね。

 

 

 

 

 

かつて願った未来のまっただかにいる今

 

突然ですけど、アウディの新型A8にはついに世界初の自動運転機能(レベル3)が搭載されるそうですね。

 

VRはすごくリアルな世界が味わえるし、VALUで個人で株式発行みたいにお金を集められるようになっているし、ドローンがその辺を飛んでいるし、なんだか未来がやってきているなあというのをひしひしと感じる今日このごろです。

 

文章を公開するにも、絵を書くにも、音楽を作るにも、動画を流すのもデジタルで簡単に、しかもたやすくコピーして配布できるようになって、無限とも思えるくらいの情報が日々流れて消えていく。それも手のひらに収まる大きさのスマホから、とても気軽に情報の滝に触れることができる。情報源といえば、雑誌かテレビ、それに人ぐらいしかなかったひと昔前に比べると、隔世の感がありますね。

 

 

何が言いたいかといえば、「むかし思い描いていた未来が、いままさにやってきているのだなあ」ってことです。「何を当たり前のことを。当たり前だろ、アホちゃうかこいつ」などとお思いかも知れませんけど、スマホで買い物をすると物品が届くというだけでも、冷静に考えてみると、本当にすごいことですよね。技術とビジネスのしくみが組み合わさって、とても便利なサービスが実現できているんですから。

 

かつて願った未来のまっただかにいるのに、日々の忙しさにかまけて、その未来を当たり前のもののように受け止めてはもったないと思うのですよ。

 

日常の風景が新しい未来に塗り替えられて変わっていく。変化していく。それはとてもおもしろいことですから、見落とさないようにしたいものですね。

 

 

 

 

 

【未来の年表 人口減少日本でこれから起きること】

 

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)を購入し、ちょうどいま読んでいるところなのですが……。この本はこれからの社会人・学生を問わず、必読の参考書のような気がしています。

 

というのも、未来の予言の書としてとても役立つと思うからです。この先10年というスパンで考えたとき、ミクロな条件はいくらでも変わるので予測不可能ですが、人口というマクロな条件はほぼ変わりませんからね……。

 

日本人全員の課題が書かれた、試験で喩えれば問題文のような本です。解答は個々人で考えてください、というような。きっと3年後くらいに真面目に取り沙汰されるようになってくるので、今のうちに読んでおけば先回りして対策が打てるかもです。

 

人口減少カレンダー
2018 75歳以上人口が「65〜74歳」人口を上回る
2020 女性の過半数が50歳以上
2023 団塊ジュニア世代が50代
2024 団塊世代がすべて75歳以上
2026 高齢者の5人に1人が認知症患者とすると、患者数 約730万人
2040 団塊ジュニア世代がすべて75歳以上

 

なお本書には解答例もありますけれど、こちらについてはやや懐疑的ですね。使える情報だけ抜き取るような読み方をオススメします。

 

 

日常からの距離

 

旅に出たくなるときがあります。

 

普段仕事をしているとき。

家に帰ってきてワイシャツのボタンを緩めるとき。

なんかやたらと天気が良かったとき。

人生やってられないことばかりだと思うとき。

 

 

でも旅に出て何かしたいのかと言われれば、そうじゃないときの方が多いような気がしています。まず「旅に出たい、どっかに行きたい」という気持ちがあって、そのあとでたとえば京都でお寺を見るとか、伊豆で温泉に入るとか、欧州に行って珍しい体験をするとかのプランがついてくる、そんな気がしています。

 

つまりは、「今いる場所から離れたいという気持ち」が先で、「旅先でしたいこと」は後からやってくるってことです。

 

なんだか「逃げ」みたな感じですが、思い返してみると結構あります。確かに「逃げ、避難」みたいな要素もあるんですけど、いつもと同じことを繰り返す「飽き」から離れたいという思いもある気がします。

 

京都大学ニートのphaさんは、旅先に行っても、たとえば離島なんかに行っても、行動が普段とあまり変わらないそうです。

 

離島に行ってもスキューバダイビングや観光をするでもなく、ただ散歩して読書して宿でごろっとして近所のスーパーで自分で料理して飯を食べて寝る、それで一日が終わってしまう。それなら家にいても同じことのような気がしますが、けれどphaさんは旅に出たい。その理由を簡潔にまとめています。

 

 

多分、僕が旅に求めているのは珍しい経験や素晴らしい体験ではなく、単なる日常からの距離だけなのだ。

                    ーーひきこもらない (幻冬舎)

 

 

 これ、すごく共感できたんですよね。

 

日々を生きていて、日常生活が完全に習慣づいていて同じじゃないと気持が悪いというようなひと(たとえば昼食には毎食ベーコンサンドを食べるような)もいますけれど、逆に、同じことの繰り返しだと飽きてしまう、それもひどく深い飽きがやってきて、自分ではコントロール不能なところまで飽きてしまうひともいるんです。というか自分がそうなんですけど。 

 

どうしてもね、自分でももうちょっと堪え性が欲しいなと思うんですけれど、飽きちゃうんですよ。

 

そういうときに旅はすごくいい。旅に出ると、それもできるだけ遠くへ行くと、飽きがリセットされます。リセットすると、まあまたやるか、みたいな気持ちで日常に帰っていけるんですよね。

 

パソコンにも定期的にメモリを解放してあげると良いですけれど、人間も同じようなものなのかもですね。

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

とりあえず、サウナと直島に行ってみたい今です。

 

【ご参考】(Kindle本)幻冬舎・バーズコミックス50%ポイント還元

幻冬舎・バーズコミックスのベストセラー新刊を含めたKindle本のセールです。

 

現時点(7/8)でまとめリンクが移動してしまっていますが、Amazonホームページで「幻冬舎」「バーズコミックス」で検索すればヒットします。期間は7/10くらいまでは大丈夫だと思いますが、リンクが移動してしまってちょっとわかりません。急がれたほうが良いかもです。

(追記:7/10の時点でまとめリンク復活していました。セール7/13までだそうです)

 

www.amazon.co.jp

 

 

人生の勝算、他動力、日本3.0 など…新刊ベストセラーが50%還元。

幻冬舎さんいいの(笑)? って感じです。

 

 

バーズコミックスから押切蓮介さんのホラー「サユリ(1)(2)」をポチりました。 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。