この世はしょせん夢芝居

考えたことをエッセイに書いてます。本の紹介もしています。目指しているのは「ゆるふわなチラ裏」。

「積極的棄権」についての考察

「積極的棄権」という言葉があります。

 

選挙で特に投票したい候補者がいない場合に、選挙に行かないことで、反対の意志を表明することです。

 

文化人と呼ばれるような立派な人たちが薦めているやり方で、政治的意志の表明の仕方のひとつとされてきました。今回もマスコミやウェブでしばしば積極的棄権の呼びかけを目にします。

 

ですが、これって本当に正しいやりかたなのでしょうか。

 

お店にたとえて考えてみましょう。何のお店でもいいです。仮に定食屋にしましょうか。その定食屋の出す昼飯がまあまあの出来だったりします。量も値段もいいが、味はそこそこ。そういう場合に、もっと味を良くして貰いたいお客ーーこれを貴方と想定しましょうーーは、どういう行動を取るのが正しいでしょうか。そのお店に行かない。それもひとつの選択肢のように見えます。もしそれでお店がつぶれるのであれば。しかし、そのお店はそこそこのお客が来ます。目標値の半分くらいです。そういうとき、お店側のアクションはどのようなものが考えられるでしょうか。

…………

一番手っ取り早いのは、今来ているお客さんに、どうしたら良いか改善策を募ることです。そこで来ているお客は、量と安さを求めて来ていることが想定されますから、量と安さが強化されることになり、味については放置されることになります。味を改善してもらいたかった貴方の意見が採用されることはありません。何故なら、貴方はもうその「お店のお客」ではないからです。マーケティングのターゲットからみずから外れてしまったのです。

 

f:id:taftaftaf:20171015155438j:plain

 

もう少し思考実験を続けましょうか。

 

たとえば、貴方が選挙を運営する官僚のひとりだったとします。

 

与えられる情報は、投票率、当選・落選した人が得た票数・白票/無効票の数。

 

これらの情報から、「積極的棄権」をした人の多寡とその人の考えを分析しなさい、という課題を与えられたらどうしますか?

…………

当選・落選した人や党の傾向から、支持されている政党や政策の傾向はわかります。白票/無効票の数から、選挙に不満だった人がわかります。投票率から、選挙への関心の有無がわかります。では積極的棄権については? 数も、その人の思いも、マスデータとしてわからないんですね。もちろん現在はSNSが発達していますから、ブログ等で意見は取れますが、母数が少ないミクロ情報ですので、参考情報程度の扱いでしょう。マスコミ? 偏向報道の実情は、皆さんご存知の通りです。複数のメディアをチェックして、偏向バイアスがどの程度なのか見極めないと使えない情報ばかりです。

 

 

以上より、「積極的棄権」という戦術は、有権者の意見を為政者に届けるのに、とても効率の悪いやり方だと考えられます。

 

棄権するほど不満があるのなら、自分が立候補して議員になって政治を変える、という選択肢もあるのです。日本は民主政治の国ですから。

 

誰が総理になっても同じだ…なんていう時代がありましたが、そのときはそれだけ人材が豊富だったということだと思っています。誰でも同じだと思って批判の上手な人を大臣に据えてみたら、株価が8000円台になって投資は抑えられ仕事がなくなり新卒の人たちは就職できず、大災害が起こってもうまく救援対処ができず、外国からは侮られて領土侵犯が繰り返される……なんて年代がありました。

 

何かを変えたい、あるいは、何かを維持していきたいなら、とにかく自分の意見を表明することが第一歩だと考えています。

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

よろしければ関連記事もどうぞ。

taftaftaf.hatenablog.com

 

【革命のファンファーレ】

西野亮廣さんのビジネス書。kindle版で購入。1日で一気読み。

 

 

 

 

5000部でヒットと呼ばれる絵本業界で、「えんとつ町のプペル」で32万部超えを達成。数万件の反対意見絵を押し切って絵本の無料公開に踏み切り、メガヒットを達成。正答率0.01%の問題を当てた男のノウハウが惜しげもなく後悔されています。格好よすぎる。

 

フリーミアム戦略を取った背景には、綿密なマーケティングと突き詰められた計算があったことが、さらりと書かれています。読み込むほどにビジネスの原点に立ち返る思考とノウハウがいっぱい詰まっていることがわかります。内容はぜひ本書を手にして確認してもらいたい。

 

 

 

投票率が低い世代は損をする

突然なんですけど、選挙のことで考えてみました。

 

よく若年層の投票率が低いと言われますよね。オチとして、若者の政治意識の問題になるんですけれど、よく考えると、投票率の低い世代って損をすることが多いのではという話です。

f:id:taftaftaf:20170910215732j:plain

 

どういうことかと言いますと。

 

どんな偉い政治家の人も有権者の意向を無視することはできませんよね。何故かと言えば、政治家は選挙によって選ばれているからです。もっと言えば、投票してくれる人によって選ばれているからです。結果、選挙で選ばれた政治家は、投票者のことを意識して仕事をしますよね(もちろん建前では全国民のために仕事をします)。

 

さらに言えば、政治家の仕事というのは、大きな意味での「利害調整」です。あちらの利益をこちらに回す、そんなシーソーゲームのようなもので、悪い意味ではなく、帳簿に残らないバーター取引の積み重ねで実務が構成されています。

 

そういう利害調整をするときに、意見が反映されるのはやはり声の大きい人の意見。逆に反映されないのは、声の小さい人のそれ。つまり、選挙に行く世代の声は反映されて得をするけど、選挙に行かない世代の声は反映されず、むしろ損を押し付けられる、ということです。

 

もっと踏み込むと、今の高齢者世代と、その下、特に現在アラフォーである就職氷河期と呼ばれた世代の経済格差がすごくあります。年金が破綻するんじゃないかという声も多いですが、働きざかりの世代で非正規雇用のため経済的に破綻している人が既にいます。

 

(参考)

【20代】287万円(単身世帯)、385万円(二人以上世帯)
【30代】957万円(単身世帯)、612万円(二人以上世帯)
【40代】1594万円(単身世帯)、939万円(二人以上世帯)
【50代】2431万円(単身世帯)、1650万円(二人以上世帯)
【60代】2462万円(単身世帯)、1963万円(二人以上世帯)
「家計の金融行動に関する世論調査(2016年調査)」

 

日本の高齢者がお金を溜め込んでいるのは有名な話で、この貯蓄を動かそうと投資を推進したり(J-SOXなどの会計透明化はこの流れもある)、税制をいじったり(相続税を高くし、贈与税を安くして生前贈与を促す)して、お金が必要な若い世代に財産を移そうとしていますが、動きが小さい。

 

この動きが小さいのは、若い世代の投票率が低いことが間違いなく影響していると思います。だって投票してくれる高齢者の資産を移して減らすという話なのに、利得者で子育てでお金も必要な若めの世代の票が増えなかったら、政治家としてはリスク高いですよね。でも票は増えないんです。何故なら投票率がそもそも低いから。じゃあやっぱり施策をうつのはやめておこうか、という話になっちゃっても不思議じゃない。

 

高齢者の方が母数も多いのに投票率が高く、若い世代は母数が少なくて投票率が低かったら、どう考えても高齢者重視の政策になります。この論理的な帰結は、現実にも明確に現れています。高齢者の問題は毎日ニュースで取り上げられますが、若者世代の問題はニュースでは取り上げられることは少ないです。

 

参考:世代別投票率

f:id:taftaftaf:20171001214745p:plain

(第46回衆議院議員総選挙における年齢別投票率 より抜粋)

 

 

若い世代の利得を代表する政策が無いから投票しない、というのはいっけん一理あるように見えますが、実際に動いた事がない人を誰も信用しません。普段投票に行かない人が、良い政策が出たら本当に選挙に行くのかっていう話です。なので、誰かが若い世代向けの政策案を出していたとしても、優先順位を下げられるか、盛り上がりに欠けると判断されてお蔵入りになることが多いのだと推測しています。

 

実際、橋下現市長の大阪都構想では、下馬評では評価が高かったのに、実際の選挙では支持層の投票率の低さが響いて負けてしまいましたからね……。あれは忘れてはいけない失敗だと思います。

 

投票可能年齢が18歳まで引き下げられたのは、この若い世代ー高齢世代の格差をなんとかしよう! と思っている官僚さんが居るということだと思うのですよね。投票の下限を18歳まで下げれば、若い世代の票が少しでも増えますから。ニュースではいまいち盛り上がらず、意識高い系の高校生を紹介して終わっていましたけど、背景はそういうことだと考えています。

 

 

若者の政治離れ、なんていう文脈で語られることの多い投票率問題ですけれども、「世代間の政治格差」と捉えなおしたら、問題点が伝わったりしませんかね。高齢者の課題は国の課題になるけれども、若い世代の課題は国には伝わらないということですからね。

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

世代格差は、欧州だったら連日デモが起こってもおかしくないですよね。

 

taftaftaf.hatenablog.com

 

早くも秋の味【製麺大学すごい】

讃岐うどんチェーン店の製麺大学に行ったら、日曜の夕食どき、10mほどの長さの列ができていました。大人気ですね。待っている間、暇つぶしもかねて、人気のこの店をすごいところを観察してみました。

 

 

< 讃岐うどん 製麺大学 のすごそうなところ(注:多分に主観を含みます) >

 

・ 入り口と出口が別なので、人の動線がスムーズ。入り口で並んでいても人がごちゃごちゃしない。

・ 麺担当、うどん担当、揚げ物担当、レジ担当とオペレーションが分かれていて安心

・ うどんの提供を早めるために、ゆでる→湯から上げる→提供直前に温めるというオペレーションになっている(多分それ用にうどんが改良されている)

・ 自動湯切り機がある。配膳の人が疲れない上に、うどんの品質が保てる

・ ネギなどの薬味取り放題

・ うどん用の天ぷらとご飯で天丼ができる

・ うどんなのでお客さんの回転が早い

・ にもかかわらず家族連れも来る → 売上大きい

 

 

秋のメニューの 秋ナスのみそそぼろうどんと焼サバ丼をいただきました。

 

ナスがジューシー。サバも脂の旨味がすごい。

おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

うどんチェーン店でも秋を感じる今日このごろです。

 

 

給食の食べ残し問題は、学校にはチャンス

「神奈川の中学生が給食を大量に食べ残す」というニュース報道がありました。

 

残す理由は「給食がおいしくない、頻繁に髪の毛などの異物混入があり気持ち悪い」。異物混入はよろしく無いので改善、規制すべきという報道趣旨。

 

テレビ映像で見る限り、たしかに食欲をそそるような給食だとは思いませんでした。できれば食べたくないという中学生の気持ちもわかります。

 

こういう問題は、サービスの受け手(中学生)と給食の調達先を決める人(学校)が重なっていないことから発生します。

 

f:id:taftaftaf:20170924004918j:plain

 

給食に限らず、資材を調達するというのは一見簡単なようで意外に難しい。基本的なスペック・条件は押さえながら、なるべく高品質なものを、できるだけ安い価格で買いつづけなければならないわけですから。調達先にちょっと手を抜かれたら破綻します。

 

サービスの受け手と、給食の調達先を決める人が重なっていれば、給食の質が下がったときに給食をつくるところに文句をつけて直させることができますが、これが重なっていないと、文句をつける人がいない or 文句をつけるのが億劫になってしまって、給食の質が年を追うごとにだだ下がり……という事態になります。

 

こういうとき、普通の企業だったら調達先を変えます。こうして、普通の市場経済が働いていれば、質の低い給食業者は淘汰されていくのですが、今回の騒動のあとも、学校側は給食発注業者を変える気は無いようです。

 

人間、食べるものから体が作られます。成長期の中学生なら、親はできるだけ良質の食事を取らせたいと思うはず。となれば、給食の質に気を配る学校は、それだけで入学者希望者が増え、人気の学校になれそうなものです。学校の給食調達担当者は、給食の質を常に実食して質の維持に気を配り、改善が見込めないようなら容赦なく調達先を変えるべきです。少々厳しいようですが、それが健全な競争とサービス向上を促し、長い目で見た給食業界の維持につながります。

 

学校側も今回の騒動にきちんと対応できれば、入学希望者を伸ばせるいいチャンスだと思うので、いろいろ検討してみると良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

少子化の時代、学校にも前向きな生き残り戦略が必要ですよね。

 

 

【逆襲される文明 日本人へⅣ】

 

塩野七生さんのエッセイの新刊出てたので本屋で即買いして来ました。

 

 

 

すごく久しぶり。

 

調べてみたら、前巻は2010年発刊なので7年ぶり!

 

12月にはギリシア人物語の新刊も出るし、ちょっとテンションあがりますね。

 

 

 

 

 

Jコインは空振りするのでは

日本の大手・地銀が連合して共通の仮想通貨を発行しようという動きがあると報道されました。その名も「Jコイン」。

 

これは来るのではないか、リップル(アルトコインの一種)終わるかとも思いましたが、なんというか、Jコインはどうしようもない代物になりそうですね。

 

ポイントは「Jコインは、価値が変動せず、日本円と完全に連動する」ということ。要はただのApplePayやSUICAと同じ、電子マネーの一種です。市場につながっておらず、価値変動もしないということは、通貨としての独立性や海外での流動性もないので、何を目的として導入しようとしているのか、ちょっと理解に苦しみます。これが新聞の一面にばーんと載ってしまうというのも、なんだかなあって。思っちゃいますね、申し訳ないですけど。

 

f:id:taftaftaf:20170919002353j:plain

 

新しいものがオールドメディアに取り上げられるころには、なんというか新しいものが出てきたときの煌めきというか、未来感みたいなものが終わってしまうような感じがして寂しく感じます。

 

ビットコインを旗頭とする仮想通貨には、これから実需も出てきてまだまだ未来があると考える派なのですが、こうやってオールドメディアで連日取り上げられるようになってきたということは、一通り情報が行き渡り、ひとつの波が終わりつつあるという証拠なのかも知れませんね。

 

大概、物事というものは、あがる前には勢いをつけるために一度さがるもの。ジャンプする前には膝を沈めるもの。長いスパンで見れば必要なことなんでしょうけどね。

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

思ったことをさくさく書いてみました。