この世はしょせん夢芝居

考えたこと、趣味の読書のことをメインに書いています。いわゆるチラ裏です。

雪雲の向こうの青空

今週、飛行機に乗る機会があった。

 

行きの空港では新千歳空港行きのファイナルコールが繰り返し流れていて、行ったことのない北の地に思いを馳せた。もう札幌は雪だろうか。一度連想してしまうと止まらない。テレビで見たことがあるだけの札幌の雪景色が脳内に映り、BGMとしてGLAYwinter, againと、ユーミンBLIZZARDが妙な感じで交互にリフレインして困った。脳内ステレオか。考えようによっては豪華なものだ。

 

空を飛ぶ時いつも思うのだけれど、どこかのことわざにもあるように、「雲の上は常に青空がある」。

 

地上から見上げると厚い雲ばかりに覆われているような日も、飛び抜けてしまえば青空が待っている。曇りの日も雪の日も、雲の向こうにあるはずの青空の存在を意識できるかどうかで、人の幸せというものは随分と変わってしまうと感じた。