読み耽り書き散らすのが理想の生活

ネット的世界の端っこで考えたことを書き留めているだけのブログ。

イタリア発イタリア着(内田洋子さん新刊)

 

 
イタリア発イタリア着
内田洋子
2019年2月発行
朝日新聞出版

 

 

突然だが、エッセイとはなんだろう? 定義は? 他の文章の違いとは何か?

・・・とある人によれば、エッセイと他の文章を分けるのは「香気」の有無だそう。この文章には香気があるからエッセイ、無いからエッセイじゃない・・・。あやふやで主観的。けれど頷ける。物事や世界をある視点で切り取ることで、見える世界の色が変わる。視点の角度がエッセイの肝だと言えるかも知れない。

この本で掲載されているエッセイは8編。「一 旅の始まり」「二 迷ったまま」と続き、「八 巡り巡って」で終わる。イタリアでニュースソースを集め、日本に売る仕事をしている著者が、イタリアに来たばかりのころがエッセイにまとまっている。はじまりは1970年代なので、すでに遠くなった昭和の話ではあるけれど、新しいものばかりに価値があるわけではもちろんなし。往時の遠国イタリアの日常の顔を見せてくれる。

 

香り高いイタリアの日常がわかる一方で、この本は、一人の日本人女性が寄る辺もないままに異国に飛び込んでいった冒険記でもあると感じた。

「もし語学が得意だったら、若いうちに異国に飛び込んで、職を得て働き恋をして、大冒険のような人生を過ごしてみたかった」

そんな想いを持って日々働く社会人や主婦の方にオススメしたい。このエッセイ集を通してあり得たかも知れないもうひとつの人生を想像してみるのも楽しい。