この世はしょせん夢芝居

ネット的世界の端っこで考えたことを書き留めているだけのブログ。

仮想通貨に楽観ムード

この週末は季節外れの暑さだそうですね。半袖でも過ごせそうな陽気です。

 

気温に合わせて・・・というわけでもないのでしょうが、コインチェック騒動のあたりからずっと冷え込みムードだった仮想通貨が、明るい雰囲気です。

ビットコイン(BTC)も100万円がもうすぐという感じです。

 

(4月21日)

f:id:taftaftaf:20180421145842p:plain

 

チャートで見るとこんな感じ。底を打ったようにも見えますね。日本だけで言ったら税金の支払いが完了した日程くらいからあがっているようですが、世界中で価格があがっています。

 

f:id:taftaftaf:20180421150024p:plain

 

昨年末ほどの熱狂したイケイケ感は無いですが、価格が緩やかにあがっていくのは良いことですね。まったりして安心できます。

 

急激にあがると急激に下がるのが相場の法則なので、心臓によくありません。でも個人的には、この1年間の「仮想通貨 価格ジェットコースター」で精神が相当に鍛えられた感覚がありますね。多少のことでは動じなくなりました(笑)

 

冷え込み期間でも、プロダクトとして各仮想通貨には進展がありました。たとえばイーサリアムを使ったゲームアプリがいくつもリリースされたり、リップルは世界各国の銀行と提携を増やしたり、普及・実用化に向けてちゃくちゃくと準備が進んでいます。

 

一方で、仮想通貨に対する規制というか市場ルールづくりも進んできたので、このまますべてがうまくいって、すべて緩やかに進んでいくといいですね。

まあそんなことはないんでしょうけど。

 

リスクを取るからリターンがある。

これもこの1年の仮想通貨取引を通して学んだことのひとつです。

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。