この世はしょせん夢芝居

ネット的世界の端っこで考えたことを書き留めているだけのブログ。

【 AIとBIはいかに人間を変えるのか 】

【AIとBIはいかに人間を変えるのか】を購入。

これから読みます。

 

書影はい。

 

 

箕輪本のため、例によってまえがきが全文無料公開されています。

 

AIとは言うまでもなく人工知能のことで、2016年グーグル社のアルファ碁というAIが世界チャンピオンのイ・セドル氏に4勝1敗と完勝して新聞やテレビで取り上げられ、広く話題になった。
BIは、国民全員に生活できるだけの現金を無条件で給付する「ベーシック・インカム」という制度のことで、2016年にスイスが導入の国民投票を行ったり、2017年にフィンランドが社会実験を始めたりして、こちらも各メディアで広く取り上げられている。
・・・略・・・
AIとBIによって、人間は食うため、生きるための労働から解放されることになる。これは人類史上初めてのことであり、人間は重大な歴史的意義を持つ〝新しいステージ〟に立つことになる。
働かずとも生きていくことができる世の中は一見ユートピアに感じるかもしれないが、実は深い苦悩の淵と隣り合わせである。働かなくても良くなった社会で、人間はどう生きれば豊かな人生を送ることができるのか、その生き方と考え方を本書のメッセージとして提起する。
・・・略・・・
人間の囲碁チャンピオンに勝ったアルファ碁も、たった2000人の失業者を対象に細々と始まったフィンランドのBIの社会実験も、今はまだワットの蒸気機関でしかないかもしれないが、AIもBIも現在の世の中のスキームと価値構造を根底から覆す可能性と必然性を持ったものであることは間違いないと考えている・・・

 

AIとBIの世界が来るのかどうか? 正直、なんとも言えませんが、人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?という本で興味深い一節があり、それは「人工知能の成長は二乗的に伸びていくため、追いつかれたと思った次の瞬間には、もう追い抜かれてしまっている。そしてその次の瞬間には、遠くの背中を眺めることになる」という内容です。

要は、人口知能の発達はとんでもなく早いんです。だから、自分が生きている間にシンギュラリティが起こって、AIがと BIの時代が来ることが絶対にないとは言えない、と思うのです。

話が飛ぶんですけど、去年の秋に東京モーターショーに行ったんですよ。そこでは電気自動車もコネクテッドカーも自動運転も、シェアリングも話しかければ映画みたいに気の利いた答えを返してくれる人工知能車も、全部あったんですよ。それもショーのための試作品というチャチなレベルじゃなくて、世論さえ体勢が整えば、すぐにでも市場に投入できそうな完成度でした。

いままでは社会の変革には何十年という長い時間をかけてきましたけど、今はほんの数年、あるいは数ヶ月で大きな変化が、ジャンプするみたいに訪れる。SNSによる拡散で爆発的に情報がコピーされ拡散されてシェアされる。ジェットコースターのような速度で時代が動いているのが感じられますね。

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

司馬遼太郎の「世に棲む日日」も平行して読んでいます。時代の変動期に立ち会えるというのは、とてもラッキーなことですね。