この世はしょせん夢芝居

考えたこと、趣味の読書のことなどを書いています。最近は仮想通貨に興味があります。でもあいかわらずチラ裏です。

【ギリシア人の物語Ⅲ 新しき力 塩野七生】 (1/29追記あり)

 

1年待った塩野七生さんの新作、【ギリシア人の物語】の第三巻がAmazonから届きました。前回は書影がなかったので、今あげます。

 

ほいっ。

 

   f:id:taftaftaf:20171215211642j:plain

 

 

 

目次

第一部 都市国家ギリシアの終焉

第二部 新しき力

第三部 ヘレニズム世界

十七歳の夏ーー読者に

 

 

 

ギリシア都市国家群を滅ぼした、マケドニアアレクサンダー大王にかなりの分量を当てていることが目次だけでわかります。(第二章の新しき力、のところ)

 

滅ぼされた者の『逆さ鏡』が、滅ぼした者、なのだということなのかな。

 

そして滅ぼされた後のギリシアが、どう残ったか、ということで第三部ヘレニズム世界、という構成なんでしょうね。

 

======

(1/29追記)

本を読み終えて、自分が勘違いしていたということに気が付きました。アレクサンダーは征服者というイメージでしたけれど、ポリスは破壊せずに支配下に置きながら、ギリシア世界を制覇したという人物だったんですね。各ポリスの自治は認めているし、本人もヘロドトスを好む文化人だったということで、アレクサンダーはギリシア世界の体現者ということで選ばれているのですね。

 

大王の名に相応しい天賦の才能と、若さゆえに不安定さを両立させていたアレクサンダー大王。人類史の中で最高クラスの芸術品で、とてもセクシーですね。

 

そんなアレクサンダー大王について、塩野七生女史がインタビューに答えていたのでリンクご紹介しておきます。

 

www.bookbang.jp

 

====== 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

幸い今日は金曜日。週末は本を読み耽る幸せ哉。

 

 

 

 

 

ギリシア人の物語Ⅲは、この本と一緒に買いました。

taftaftaf.hatenablog.com