この世はしょせん夢芝居

考えたことをエッセイに書いてます。本の紹介もしています。目指しているのは「ゆるふわなチラ裏」。

給食の食べ残し問題は、学校にはチャンス

「神奈川の中学生が給食を大量に食べ残す」というニュース報道がありました。

 

残す理由は「給食がおいしくない、頻繁に髪の毛などの異物混入があり気持ち悪い」。異物混入はよろしく無いので改善、規制すべきという報道趣旨。

 

テレビ映像で見る限り、たしかに食欲をそそるような給食だとは思いませんでした。できれば食べたくないという中学生の気持ちもわかります。

 

こういう問題は、サービスの受け手(中学生)と給食の調達先を決める人(学校)が重なっていないことから発生します。

 

f:id:taftaftaf:20170924004918j:plain

 

給食に限らず、資材を調達するというのは一見簡単なようで意外に難しい。基本的なスペック・条件は押さえながら、なるべく高品質なものを、できるだけ安い価格で買いつづけなければならないわけですから。調達先にちょっと手を抜かれたら破綻します。

 

サービスの受け手と、給食の調達先を決める人が重なっていれば、給食の質が下がったときに給食をつくるところに文句をつけて直させることができますが、これが重なっていないと、文句をつける人がいない or 文句をつけるのが億劫になってしまって、給食の質が年を追うごとにだだ下がり……という事態になります。

 

こういうとき、普通の企業だったら調達先を変えます。こうして、普通の市場経済が働いていれば、質の低い給食業者は淘汰されていくのですが、今回の騒動のあとも、学校側は給食発注業者を変える気は無いようです。

 

人間、食べるものから体が作られます。成長期の中学生なら、親はできるだけ良質の食事を取らせたいと思うはず。となれば、給食の質に気を配る学校は、それだけで入学者希望者が増え、人気の学校になれそうなものです。学校の給食調達担当者は、給食の質を常に実食して質の維持に気を配り、改善が見込めないようなら容赦なく調達先を変えるべきです。少々厳しいようですが、それが健全な競争とサービス向上を促し、長い目で見た給食業界の維持につながります。

 

学校側も今回の騒動にきちんと対応できれば、入学希望者を伸ばせるいいチャンスだと思うので、いろいろ検討してみると良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

少子化の時代、学校にも前向きな生き残り戦略が必要ですよね。