この世は所詮 夢芝居

読んだ小説。ビジネス本。エッセイ。海外旅行。食べ物とか日常とか。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏。

みみずくは黄昏に飛びたつ(騎士団長殺し考察)

先月に発売された、芥川賞作家の川上未映子さんによる村上春樹さんへのインタビュー本「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読みました。インタビュー期間は初回が2015年で、そこからしばらく期間が空き、2017年の1月下旬から2月にかけて3回立て続けにインタビューされています。

 

発売の時期からして村上春樹さんの最新作「騎士団長殺し」の話題がメインかと思い購入しましたが、「風の歌」「ノルウェイの森」「ねじまき鳥」やら話は村上春樹さんの著作全般に渡り、作家同士の対話ということもあって、創作論に深く切り込む内容になっています。川上未映子さんは村上春樹さんのファンだという看板に偽りなし、書いた村上春樹さんご本人が忘れているような人物名や台詞、エピソードがすらすら出てきて、なかなか楽しめました。矢継ぎ早に質問される村上春樹さんのたじたじぶりが行間からにじみでるような感じで、変な意味で手に汗にぎりました。しかしそこは大作家の貫禄、原則論でどっしりと質問をさばいてみせてくれました。真剣組手でも見ているようで、なかなか楽しめました。

 

村上春樹さんの創作論も独特で、「小説はボイスありき」「物語を作るとはマテリアルをくぐらせる作業」というような、わかりにくいけれども物事の本質をついている話があります。当然ですが、超一流の小説書きのやり方を真似をしたところで、超一流の小説が書けるわけではありません。それは普通の人がイチローの真似をしても、イチローのように200本安打を達成できないくらい自明なことなのですが、だからといって意味のないことだとも思いません。一流の人がやっていることというのはどこか世界の真理をついた普遍があるものだと考えています。だから、たとえ小説を書かなくても、そのやり方や、背景となる心構えみたいなものを、人生のどこかで応用することができそうな気がしています。

 

===

 

インタビュー中、海外でも出版されている村上春樹さんの作品は中編ほど評判が悪いという話があって、自分には意外でショックでした。というのも「スプートニクの恋人」とか「多崎つくる」とか、自分が村上作品で一番好きなのは中編小説 なんです。つくづく自分は逆張り人間だなあと思うのですが、せめて、中編が好きだという変わったファンもいることをここで強く主張しておきたいと思います。出たらきっと買います。中編も商業的に成功してくれないと、次作が出ませんからね。

 

=== 

 

インタビューの中で、新作「騎士団長殺し」に関わる内容は、20パーセントくらいあるでしょうか。それでも結構重要なことを村上春樹さんは語ってくれています。そのなかで2つほど気になったところがありました。

 

 

(村上)「顔のない男」の肖像を描くことができれば、ペンギンのお守りは返ってくるだろうけれど、むずかしいかもしれない。でも、それは彼の人生の大きな課題になるかもしれません。そしてその課題が彼を変えていくことになるかもしれない。物語は続くんです。そこにはポストヒストリーがあります。僕がそれを書くか書かないかは別にして。

 

 まず、「騎士団長殺し」の続編、第三部があるかどうかという点。自分は第二部では終わっていないという考えをもっていました。「騎士団長殺し」のプロローグで「顔の無い男」が出てきて肖像画家の主人公に顔を描くことを要求する。その伏線が回収されないままで、第二部が、つまり現在出版されているところまでが、終わってしまっているからです。もっと物語が続いて欲しいという希望も半ば交えて、自分は「第三部はある」論者だったのですが、ネットで他の人の感想を見る限り、残念ながら「第三部はもう無い、第二部までで完結」派 の方が優勢でした。しかしそれは所詮下馬評、一番肝心なのは作者が書く気があるかどうか・・・。ご本人に会えるならば聞いてみたい! と思っていたのですが、今回のみみずくインタビューで村上春樹さんが語ってくれたのが上の引用です。

 

ひらたく言い直せば、続きはあるけど、書くか書かないかはわかんねぇよということでしょう。さすが大御所・・・! すごくフリーダムです。まあ、一部二部が売れて商業的に成功すれば続きがあるということかも知れません。どのみち第三部があるにしても年単位で待たされそうですから、期待しないで待っているのが賢い選択かも知れません。

 

 

次の気になった点。「騎士団長殺し」に出てくる性的な描写についてです。村上作品には結構脈絡なく性的シーンが多くて、エロ小説だなんて言われるくらい(実際にはそこまで表現は多くないと思う)です。「騎士団長殺し」ではそういう描写が増えていて、さらに登場人物のひとり、中学生の秋川まりえにすら胸に関する描写が厚く、ちょっと今後の方向性が心配だとは思っていました。そういうところに、川上未映子さんがずばっと切り込んでくれています。

 

(川上) つまり、女の人が性的な役割を全うしていくだけの存在になってしまうことが多いということなんです。物語とか、男性とか井戸とか、そういったものに対しては、ものすごくおしみなく注がれている想像力が、女の人との関係においては発揮されていない。女の人は、女の人自体として存在できない。女性が主人公でも、あるいは脇役でも、いわゆる主体性を持ったうえで自己実現をするみたいな話の展開もできると思うのですが、いつも女性は男性である主人公の犠牲のようになってしまう傾向がある。なぜいつも村上さんの小説の中では、女性はそのような役割が多いんだろうかと。
(村上) なるほど、うん。
(川上)それについては、どう思われますか。

 

川上未映子さんは村上春樹の大ファンですし、頭の回転も早く知的なので、基本的に和やかに順調にインタビューは進んでいきます。しかし、彼女は自称フェミニストであるためか、こういう話題のときの舌鋒の勢いというか、言葉の鋭角がすごくて、脇で見物しているだけの観客でも刃物を突きつけられている気分になりました。文章を読んでいるだけなのに、さすが芥川賞作家といったところでしょうか。

 

村上春樹さんですら、第一声は「なるほど、うん」ですからね。

 

もちろんこのあとに回答編が続き、村上春樹さんは淡々と場を収めます。少し話をずらして回答した気はしますが、「主人公を性的な対象とみなしていないからこそ逆に性的な話ができる」とか、結局村上春樹さん本人は「物語に寄り添って」書いているだけ、ということで、性的なもの、女性に対して、特段の意志や意図は無いそうです。だから次作では「騎士団長殺し」の反動で性的描写がぐっと減るかも知れませんね。

 

===

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。 

作家同士の対話ということで、おざなりな話やこじつけ話もなく、なかなか骨太なインタビュー本でした。少なくともただの便乗本の類ではありません。村上春樹さんのファンの方は読んでおいて損は無いです。

 

 

 

みみずくは黄昏に飛びたつ

 

 

ご参考。

taftaftaf.hatenablog.com