この世は所詮 夢芝居

読んだ小説。ビジネス本。エッセイ。海外旅行。食べ物とか日常とか。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏。

ギリシャ紀行と村上春樹氏への憧れ

京都生まれ。早稲田大学在学中の1974年から東京国分寺でジャズ喫茶を開店。夜間はジャズバーで開店資金は夫婦でアルバイトと借金をして貯めた500万円で、店を続けながら1975年に7年在学した早稲田大学文学部を卒業。1978年に神宮球場で天啓めいたものを受けて、ジャズ喫茶を経営しながらキッチンテーブルで小説を書いた。

1979年4月、文芸誌『群像』に応募した『風の歌を聴け』が群像新人文学賞を受賞。作家デビュー。1981年に専業作家となることを決意し、愛着のあった店を人に譲る。そして数作を経て、1986年10月にヨーロッパへ。3年ほど、ギリシャ、イタリアへ渡り、短期滞在を繰り返して過ごす。そんな期間に書いた「ノルウェイの森」が1987年、430万部のベストセラーになる……。

f:id:taftaftaf:20170204205404j:plain

 

村上春樹さんとギリシャの関係 「遠い太鼓」

 

村上春樹さんは、たふたふの敬愛する作家のひとりです。だけでなく、敬愛する先輩でもあります。まあ面識は無くて一方的な片思いでしかも学部は違うけれども、卒業した大学が同じなら、先輩だって言っても許されるんじゃないかなと。……ダイジョウブですよね?

 

上述した村上春樹さんの作家としての前半生略歴の通り、1986年から3年間、ヨーロッパに行って、そこで観光を織り交ぜながら文章を書く仕事をされています。

 

「遠い太鼓」というエッセイというか日記というか雑文集みたいな書籍が出ていて、そこにステイの様子が書かれています。現代だったらブログで発表するような内容ですし、やってることもノマドワーカーですよね。20年前は、ノマドワーカーなんていう言葉はなかったですけれど、現代を先取りしたワークスタイルですねー。

 

話を戻すと、当時、村上春樹さん拠点をローマに置きながら、各地の家具付きのアパートメントを借りてショートステイをされてます。ギリシャにはよく行かれていて、ショートステイだけでなく観光も含め、スペッツェス島、ミコノス島、クレタそれとロードス島で過ごされています。もちろんアテネにも何度も行ってます。ギリシャの大きな空港やフェリーの港があるのはこの都市しかないですからね。

 

村上春樹さんに憧れる僕もギリシャに行ってきました

 

2010年にたふたふがギリシャ旅行をしたときは、さすがにエーゲ海の島々に滞在、とはいかなかったのですが、アテネを訪れたとき、エーゲ海の手近な島(エギナ島、Aegina)に行きました。これはこの島に行きたかったというよりは、行き先はどこでもいいから、船でエーゲ海を渡ってみたかったんですよね。船好きなので。

 

でも、たふたふが旅行した当時、ギリシャも経済的にかなり良くない時期で、街もなんとなく寂しい感じでした。でもそのおかげで、前出の「遠い太鼓」観光国ギリシャという国のオフシーズンの物悲しさというか閑散とした雰囲気はなんとなくわかりました。

 

しかも、廃墟遺跡が多くて、旅行を通してギリシャは寂しい国だなあという印象でした。一人旅ということもあって贅沢旅行ではない旅行でしたが、ギリシャ本土ではなく、もっと観光地の島を回ってツーリスティックな旅行をしないと、観光国ギリシャの本当の姿は見えて来ないのかも知れませんね。サントリーニ島とか。

 

旅の教訓としては、「どうせ行くなら、エーゲ海クルーズ!」 …ですね。

 

あ、それから、また別の機会に書きますけれど、ギリシャには、ギリシャ神話関連の遺物なんてまともに残っていませんよ。バックパッカーの方のブログをよく読むのですが、「ギリシャといえばギリシャ神話!」という感じで、まあ日本人の一般的な認識だと思うのですが、ギリシャが辿ってきた歴史を考えれば、何も残っていないのが当たり前なんです。

 

 

それでは、写真晒しタイムです。アテネからピレウス、そしてフェリーでエーゲ海を渡り、エギア島へ行ったときの写真です。

 

 

 アテネ(アティーネと発音していた記憶)には列車で入りました。

f:id:taftaftaf:20170204211526j:plain

 

アテネ市街からパルテノン神殿を見上げてみたり…

f:id:taftaftaf:20170204211542j:plain

 

 パルテノン周辺。

f:id:taftaftaf:20170204211553j:plain

 

で、フェリー。

f:id:taftaftaf:20170204213222j:plain

 

アテネの外港、ピレウスのフェリー乗り場。

f:id:taftaftaf:20170204213233j:plain

 

でかいフェリー。カーフェリーで車ごと乗れます。

f:id:taftaftaf:20170204211610j:plain

 

高速船もあります。しゅばーって進みます。

f:id:taftaftaf:20170204213309j:plain

 

外海に出ると青が深くなるエーゲ海。(高速船の窓越しの写真)

f:id:taftaftaf:20170204213319j:plain

 

あっという間のエギア島。天気が悪い。

f:id:taftaftaf:20170204211628j:plain

 

 エギア島海岸。

f:id:taftaftaf:20170204211644j:plain

 

 エーゲ海っぽい。(実際エーゲ海だけど)

f:id:taftaftaf:20170204211658j:plain

 

季節は春。

f:id:taftaftaf:20170204211755j:plain

 

船を作ってました。かっこいい。

f:id:taftaftaf:20170204211725j:plain

 

島にはひとつだけ博物館と、併設の廃墟。大昔、陶器を焼いていたそうです。

f:id:taftaftaf:20170204211741j:plain

 

 

とまあ、たふたふのなかでギリシャのイメージってちょっとさびしい感じです。でも、多くの人のギリシャのイメージってこんなんですよね。

retrip.jp

 

村上春樹さんの「遠い太鼓」。

一番最初に滞在するスペッツェス島は、のどかだけど寂しい感じ。