この世はしょせん夢芝居

考えたことをエッセイに書いてます。本の紹介もしています。目指しているのは「ゆるふわなチラ裏」。

本に酔って寒さをしのぐ

 

村上春樹という作家は、好き嫌いがあるとよく言われますけれど、少なくとも、人を酒を使わずに、文章で酔わせることができる作家と言えます。

 

寒波が来て凍えるこんな日ですから、こたつに潜って、村上春樹に酔って寒さをしのぐのもいいんじゃないでしょうかね。

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹