読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世は所詮 夢芝居

食べ物。日常。本。エッセイ。海外旅行。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏を目指したい。

お題<好きな街>: イスタンブール

お題「好きな街」

 

イスタンブール

 

名前だけでエキゾチックな響きを感じてしまうぐらい好きな街です。

もともとローマ皇帝コンスタンティノープルという街として都市を作り。

東ローマ帝国の首都となり。

その後、オスマントルコに征服され、イスタンブールと改名されました。

 

都市の起源からずっと大帝国の主要都市、大都会であり、文化と人とモノの交易地であり、集積地であり続けました。21世紀の今も、トルコの最大の1000万人都市です。

 

 

 

 

都市は海峡によって分かれており、ヨーロッパ側とアジア側とに分かれています。

イスタンブールという街は、ヨーロッパとアジアの境界線を内包しているのです。

f:id:taftaftaf:20170115151002j:plain

 

 裏路地も趣があります。

f:id:taftaftaf:20170115151042j:plain

 

チャイ。トルコの人はとにかくチャイをよく飲みます。

f:id:taftaftaf:20170115151056j:plain

 

海に囲まれているため海鳥が飛んでます。

f:id:taftaftaf:20170115151146j:plain

 

見張り塔から遠くに見えるトプカプ宮殿

f:id:taftaftaf:20170115151119j:plain

 

 

最後に訪問したのは、5年以上前のこと。今はちょっと物騒になって、訪れにくいですね。残念です。

 

また今度、この都市を旅行した時のことを少しずつ書いていきます。