この世はしょせん夢芝居

考えたことをエッセイに書いてます。本の紹介もしています。目指しているのは「ゆるふわなチラ裏」。

ただのサラリーマンから名将になることだってある。(箱根駅伝2017)

今年2017年の箱根駅伝青山学院大学が見事 三連覇でした。素直にすごい。

(たふたふの母校は負けてしまいました。。。悪い成績ではないと評価していますけど)

 

f:id:taftaftaf:20170104193102j:plain

 

あの駅伝の伝統大会、箱根駅伝で3年連続の総合優勝すごいですね。

たふたふは普段あんまりスポーツとか見ないのですけれど、お正月の箱根駅伝だけは実家でこたつに入ってTV中継を見てます。

 

青山学院の躍進には、原晋(はらすすむ)監督の力があります。3連覇の立役者となれば、もう名実ともに名監督の座を得たと言えそうですが、原さんは、青学が久方ぶりに箱根で優勝した2015年まで、陸上界でもほぼ無名だったそうです。

 

中京大学を卒業して中国電力に入ったけれどもぱっとせず、陸上部から外れて普通の社会人、営業マンとして働いて10年経った後での、青学の監督就任のオファー。陸上から離れた人が、選手としてではなく監督として再び舞い戻った。

 

一方、青学は名門ですが、箱根を走る駅伝チームとしては、言ってはなんですけどぱっとしない印象です。そもそもが2009年まで30年以上箱根に出れていない予選落ちチームです。強豪というのは、ほんのここ数年のイメージです。

 

 

「サラリーマンあがりの監督とぱっとしない駅伝チーム」が、いかにして3連覇の偉業を成し遂げたのか? その秘密は、チーム作りにあります。原さんは、いわゆる「組織づくり、人間づくり」がもの凄く上手です。そこからさらに動物的勘というか、独特で絶妙な人材の見極め、采配が加わって、2017年の箱根3連覇というとんでもない結果につながっています。

 

ところで、そんな原監督、チームづくりを説いた本を出してます。

「エースを育てよ、エースに頼るな」「チャラいは最高の褒め言葉である」「陸上だけじゃない、人として成長できるか が大切なんだ」など、名言がたくさんあり、本に赤線をたくさん引きたくなること必至です。

 

陸上関係者じゃなくても、というよりも普通のビジネスマンにこそ「効く」言葉が詰まった本です。発売からちょっと経ってますけど、まだ旬です。内容も奇をてらっているようで、よくよく考えてみるととても合理的です。深い本ですので、ぜひこの機会に手にとってみてください。

 

 

ブログのエントリみたいな表題の本。 

 

 

こっちはkindle版もあるみたいです。

 

ちなみに「箱根駅伝」の凄さはこの漫画で知りました。

 

 

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうです。