この世は所詮 夢芝居

読んだ小説。ビジネス本。エッセイ。海外旅行。食べ物とか日常とか。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏。

大統領選

世界一の国の新しい大統領が決まった。しかも意外な方が逆転当選。周囲の反応やテレビとかを見ていても、「えっ……(絶句) 本当?」みたいな反応が多い。期待をもって受け止めるというよりも、不安と共に受け止められたニュースだということなのだろう。一国の宰相が新たに決まるというのは普通は祝い事だが、今回はそうではなかったというのは記憶しておいていいと思う。

 

振り返ってみれば、日本も2009年から何年かの間、失政を経験した。トドメとばかりにあの大震災まで経験して、日本人は余程懲りたのだと思う。「政治家なんて、誰がなっても同じ」なんて言っていれば、なんとなくツウっぽかったが、実際に「政治家は誰がなっても同じというわけじゃなかった」ということを経験すると、無頼を気取った言葉も息を潜めるようになる。ちょっと考えればわかることだったのだ。判断する人にキチンとした人を選ばなければ、キチンとした判断なんて出てこないということは。

 

思うのは、人は、経験しなければ学べない、ということだ。

 

閉塞感を感じ、つい、いつもと違うことを選んでしまう。ちょっとまっとうではないなと頭のどこかで思いながらも、それでも現状を打破するためなら、ちょっとの毒も必要だということで、新しいものに手を出してしまう。そして後悔する。毒はやはり毒でしかない。

 

でも、わたしも誰かの不幸を願いたいわけじゃない。

2009年の日本と2016年のアメリカが、同じじゃないといいなと思ってますよ。