読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世は所詮 夢芝居

食べ物。日常。本。エッセイ。海外旅行。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏を目指したい。

コマツのコムトラックスがすごかった

コマツというメーカーがあります。売上2兆円に迫る世界2位の建設機械メーカーです。建設機械といって、このブログを読む方がどれだけイメージがつかめるかというのはありますが、例えばパワーショベルとかブルトーザーとか工事現場で使う機械ですね。 で、コ…

「ロボットには心がない!」とか言われると気になってしまう

「ロボットには心がない!」ってマンガの主人公がよくドヤ顔で言ったりしてるのが気になるタイプです。 ルンバなんかを見てると、いつもちょこちょこ床を掃除してくれて、なんかちょっと可愛いやつだから心を持って欲しいとか思うのかも知れない(ルンバもっ…

欧米の大学生たちが教養としてもっているもの

少数の正義の味方たちが、大兵力で押し寄せる大帝国の悪いヤツらをばったばったとなぎたおす・・・少年マンガの王道展開です。こんなストーリーのマンガや映画、ひとつやふたつ、皆さんの頭の中にぱっと例が浮かぶのではないでしょうか。 この胸熱の王道スト…

共犯者な家族

さる作家さんのエッセイで読んだのですけれど、イタリアでは恋人となる理想の女性像は、「共犯者」のような人。だそうです。 お人形のように可愛いだけの女の子では物足りないらしく、知的な会話ができて、ときに一緒にバカをやってくれる大人の女性、そして…

咲かねば散るもないけれど

寒の戻りというほどでもないのでしょうけれど、今日はなんだかとても寒い日でした。 聞いた話では前日よりも10度も気温が低くて、これだけでも嫌なのにしとしとと陰気な大粒の雨まで降って、陽光も届かず暗くて、枯れ林みたいに寒々しい。近所の畑に咲く黄色…

140文字のつぶやきを集めると、何に分類されるのか

twitterは、140文字以内でつぶやかなければいけない世界で、あるいは140文字で世界を切り取らなければいけないつぶやきで、一見するととても不自由に見えます。けれど俳句の5・7・5のように、伝える言葉には制限があったほうが、発信者もよく考えるから、…

「あいつはああいう奴だから」って言うじゃない?

「あいつはああいう奴だから」ってときどき聞きますけれど、この言葉は諦めていると同時に、話題になっているその人を、受け入れる言葉でもあるんですよね。受け入れるときにちょっと評価をさげているけれど、見方を変えれば、相手を等身大のまま受け入れて…

「ほぼ日」上場 糸井重里さんとシェアするもの

株式取引は美人投票と同じだと言われます。 これは結構皮肉な意味合いがあって、取引参加者は自分が美人だと思う人、に投票するんじゃないそうです。周囲をよく見て、皆が美人だと思いそうな人、つまり票が集まりやすそうな人に投票するんだそうです。株式取…

自分が死んだらKindleのライブラリはどうなるのか?

僕はいわゆる電子書籍派でして。頻繁に電子書籍を購入してはアイフォンのKindleアプリで空き時間に読書を楽しんでます。たしか2013年夏からKindleを使い始めたと記憶しているんですけど、このKindleの電子書籍冊数が、この2017年3月に800冊を超えました。現…

牡蠣を食べてきました。

どうもです。 突然ですけど、牡蠣、うまいですよね。僕、この前牡蠣を食べに行ってきたので写真をさらします。 牡蠣の旬は冬だとばかり思っていたのですが、牡蠣にも種類があって、真牡蠣と呼ばれる種類の旬は確かに11月から2月で冬。でも岩牡蠣という種類も…

(補足)「騎士団長殺し」の他の感想を眺めてみて

いろいろ「騎士団長殺し」の感想を眺めてみまして、感想のなかに「エロい」「ロリコン」という意見があり、そういう感想がでることは理解できなくもないのですが、村上主義者の僕としては、多少の補足意見というか、村上春樹さんへのささやかな擁護をしたく…

「騎士団長殺し」の他の感想を眺めてみて

「騎士団長殺し」を読み終えて、いろいろと読書サイトを渉猟してみました。第3部がある派の方が他にいないか探してみたのですが、あんまりいらっしゃらないですね。マイノリティ。 でも数々の感想を眺めていて思ったのですが、皆さんばらばらの感想を書かれ…

終)騎士団長殺し (読書メモ&感想)

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 読み終えましたー。 これで終わり? でもまあまあ面白かった。物語的な設問が重なっていく第1部のほうがいわゆる読者をつかむ力というものは強いです。第2部は当然解決編のわけですけれど、引っ張ってこの解答か………

続)騎士団長殺し (読書途中での読書メモ)

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 第1部 読み終えました。物語的な設問というか、小さな謎が積み重なって続きが気になるので、続けて第2部に取り掛かりたいと思います。 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 村上春樹さん作品は比喩表現の連なりや…

騎士団長殺し

発売日に買っちゃいました。へへへ。 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 土日で読もうっと。

夢は見たりて? (銀河英雄伝説) <今日の書き抜き>

企画:今日の書き抜き 思考するきっかけってどんなものでしょう。珍しいことを体験したらそれを考えたくなる。問題を見たら考えたくなる。いやいや、道を歩いているときにふと降ってくるように思いつくだけ。世の中いろいろなパターンがあると思うのですが、…

google先生の生徒は Siri化する

仕事をしていると、会社の隣の席のひとがですね、いろいろ聞いてくるんですよ。たいしたことないことなんですけどね。どの表記が正しいのか、この書き方で合っているのかとか、そんな質問です。 たわいもないことなので雑談の一種なのですけれど、自分はその…

のらりくらりと身をかわして成長したい

どこかの国の大統領が国境に壁を作るなんていうツイートを飛ばしたり、どこかの国の委員長が兄弟の殺害指令を出して暗殺したなどというニュースを聞いていると、本当に多様な価値観の世界に生きているんだなあと実感します。グローバル社会といえども、なん…

静岡県でげんこつハンバーグのさわやかに行って来ました

「やっぱり『さわやか』かなー」「ああ、『さわやか』ありますよ、この辺」 静岡は浜松市に行ったときに、「このあたりに美味しいお店はありますか」と地元のひとに聞いたときの返答です。 げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか それほど美味しいな…

ミスドの担々麺はけっこうおいしい。

ミスドの担々麺ってけっこうおいしいんですねぇ。 ミスドっていうのはもちろんあのチェーン店のドーナッツ屋さんですけど、ドーナッツ以外に点心系の食事と麺類も提供しているんですよ。 たふたふは甘いものも好きだし、楽天ポイントを消費しなきゃいけない…

暗い思考をしていると、人格が暗くなる訓練になってしまうのですよ

暗いことを考えると、暗い思考の訓練になる じゃあ、どうしたらいい? でもさ、別にいいんじゃない? タイトルは、ギリシャ旅行の手記にぽろっと書いてあったこと。昔自分が書いたことながらほんとにそうだなぁと感心した。 暗いことを考えると、暗い思考の…

ギリシャ紀行と村上春樹氏への憧れ

京都生まれ。早稲田大学在学中の1974年から東京国分寺でジャズ喫茶を開店。夜間はジャズバーで開店資金は夫婦でアルバイトと借金をして貯めた500万円で、店を続けながら1975年に7年在学した早稲田大学文学部を卒業。1978年に神宮球場で天啓めいたものを受け…

長寿社会の問題点 <定命のもの(2)>

命には限りがあります。それが生命の定義のひとつであり、一方で悩みのタネであるのですが、しかし、現代において我々の寿命はどんどん伸びています。 ご存知のように生活環境や栄養状態の向上、また医療技術の進歩により寿命はさらに伸びています。特に医療…

命に期限があるから輝ける <定命のもの(1)>

そういえば、インモータルズという映画がありました。 ギリシャ神話の神々が出てきて敵と戦う映画でした。まあ壮大そうな割には日本の予算の少ない特撮物を連想させる出来でしたが……さて。 インモータル(英語)は、イン・モータルと切ります。インは否定の…

海外旅行の費用は、高いのか? それは何を求めて旅をするかで決まります。

海外旅行の費用を、高いと感じるのか、安いと感じるのか? それは何を求めて旅をするかによって決まります。 もちろん旅行はそれだけで楽しいものですけれど、楽しみのために行くのであれば「消費」となりますし、自分の成長機会と考えれば「投資」になりま…

「直虎? 誰それ?」 そう思っていた時期がありました。

柴咲コウは知っているが、井伊直虎なる人物は知らない。 www.nhk.or.jp 記憶はかなり怪しくなってきたけれど、自分はそれなりに歴史に詳しい方だと思っているのに、今年の大河ドラマの主人公、直虎という人物に聞き覚えがありません。 女城主。珍しい肩書き…

「台湾ラーメン」 食べて寒さをしのぐ

あんまり寒いので、「台湾ラーメン」を食べて帰ってきました。 台湾ラーメンとは、唐辛子とひき肉とニラの入った醤油ベースのラーメンで、東海地方でしか見られないラーメンです。ピリ辛スープにひき肉まじりの黄色い麺をズズッとすすると、寒さが吹っ飛びま…

本に酔って寒さをしのぐ

村上春樹という作家は、好き嫌いがあるとよく言われますけれど、少なくとも、人を酒を使わずに、文章で酔わせることができる作家と言えます。 寒波が来て凍えるこんな日ですから、こたつに潜って、村上春樹に酔って寒さをしのぐのもいいんじゃないでしょうか…

爆買いの季節、ですね

来週から大体2週間、爆買いの季節ですね。 今年は春節(中国における正月)が1月28日ですから、前後1週間、合わせて2週間があちらの連休になるわけです。ですので観光客がどっと増えることになります。中国の観光会社も「かきいれどき」とばかりにこの時…

あの人とうまくいかない? それって認知特性が影響しているかもですね。

日常って、人と会話したり、相手に何かをしてあげたり、言われたことをやったりの連続ですよね。 話すこと、してあげること、言われたことをやること。要はアウトプットのことですが、このアウトプットが相手の期待と違っていることがあります。人によっては…

引いてから押す、引くから押せる。

たとえば、貴方が誰かに自分の主張を通したいとき。 まず相手の要望を受け入れ、そののちに自分の主張をすることで、主張が通る可能性がぐっとあがるでしょう。相手に協力的な姿勢を見せるだけでも違う。てっとり早く、自分は貴方に協力します! と宣言する…

寒い夜には体が温まる食べ物

寒い夜には、体が温まる食べ物がいい。食べるだけで風邪を吹き飛ばしてくれるものならもっといい。 唐辛子がたっぷり入った中華とか、オクラ入りの粘っこいけど熱い味噌汁とか、ぐつぐつ煮えたキムチ鍋とか、細切り生姜の入った澄まし汁とか、薬味のネギをた…

お題<好きな街>: イスタンブール

お題「好きな街」 イスタンブール。 名前だけでエキゾチックな響きを感じてしまうぐらい好きな街です。 もともとローマ皇帝がコンスタンティノープルという街として都市を作り。 東ローマ帝国の首都となり。 その後、オスマントルコに征服され、イスタンブー…

どうやって「リテラシー」を身につけています?

ちょっと前のことなんですけど。 リンクは貼りませんが、ネットのニュース記事で学生を対象にしたリテラシー調査の結果が出ていました。 いわく、「◯◯の水を飲むと病気にならなくなり健康になる、これは正しいと思うか?という問いに対し、学生の回答でYesが…

東海地方の降雪

窓の外を見ると、確かに雪は降っている。 風に乗って飛んでくるので、雪は時折降って、また止むの繰り返し。 でも、朝からものすごくテレビ天気予報がはしゃいでいる。ゴジラが来たんじゃないかってくらい煽ってくる。 雪あり県出身者から見ると思うところい…

フローとストックと

フローとストックという概念があります。会計なんかで使われる概念ですが。 ものすごく噛み砕いていくと、フローは「走り続けること」だし、 ストックは「振り返って立ち止まること」なんですよね。走るメロスと待つセリヌンティウスみたいなもんです。 走り…

つらいときは、乗り越えない。という考え方。

羽生結弦選手が、あの情熱大陸に出演したときのこと(2016年4月)。 インタビューで、こんなやりとりがありました。 ――つらいときはどうやって乗り越える?「あー、もう乗り越えようとしないです。つらいものはつらい、認めちゃう。つらいからもうやりたくな…

深夜特急を読んで、シンガポールに行った時の話。

紀行記を読むのが好きなんです。 誰かの紀行記を読んで、それで遠くの国に行った気分に浸る。あるいは、紀行記に刺激されて、実際に足を伸ばしてその国に行ってみて、その土地の感じをじかに確かめてみる。そんなことを何回も繰り返しています。 さっきパス…

たれカツ丼が食べたくなった

たれカツ丼が食べたくなったんですよ。深夜なのに。 こう、拳大ほどの大きさの薄めの肉を固く油で揚げて、それを熱々のうちに甘辛の醤油だれにつける。衣に甘辛ダレがじゅわっと染み込んだらカツを引き上げ、白いほかほかのご飯にのせる。それだけでもうまい…

ただのサラリーマンから名将になることだってある。(箱根駅伝2017)

今年2017年の箱根駅伝、青山学院大学が見事 三連覇でした。素直にすごい。 (たふたふの母校は負けてしまいました。。。悪い成績ではないと評価していますけど) あの駅伝の伝統大会、箱根駅伝で3年連続の総合優勝すごいですね。 たふたふは普段あんまりスポ…

あけましておめでとうございます 2017

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。現在帰省している たふたふです。お正月、お餅食べますよね。お雑煮食べますよね。お雑煮は地域でいろいろ作り方があると聞いてますけど、お餅は焼くか煮るかしてお雑煮にいれてますよね。煮て…

2017年の目標。

今年もあと残り1時間を過ぎました。ちょっとフライングかも知れませんが、2017年の目標です。「好きなことを深化させる。」です。抽象的な目標ですね。笑具体的なことはまだ決めていないです。でも、好きなことが浅いってことは、人生が浅いってことなんだと…

やり抜くちからが欲しい。

やり抜く力の本を読んでいる。 養老孟司さんが、前にこんな内容のことを本の中で言っていた。 「アメリカというのは実にシンプルに考える国なんですよ。どのくらいシンプルかというと、世界は複雑だということが最近になってようやくわかってきて(カオス理…

(Kindle書籍 今年272冊購入した人間が選ぶ)2016年おすすめ14選

2016年ももう終わりですね。 ところで、この1年間、たふたふ はkindle本を272冊ほど買っていました。月22〜23冊ってところですね。 今年2016年に購入した本から、印象に残った本をご紹介します。 本:かため 1)諦める力 ハードル競技者でメダリストの為末…

バスは全台、ICカード支払い機能をつけるべき

たふたふです。 地元では空港までの直通バスが出ているんです。直通バスで空港まで移動できるのは便利でとてもありがたいんですけど、支払いが現金、しかも領収書をもらう時はバス運転手さんの手書き。おかげで小銭両替と領収書待ちのために降車のときには長…

アイフォンを使って海外からはてブ投稿してみた

ここ最近の何本かの記事は、海外向けのモバイルwifiルータ(LTE)を使って、アイフォンから、はてなブログに投稿しています。 その使用感について、ちょっと感想を書いておきますね。同じように出先でブログを書く人の参考になるかも知れないので。 で、使用感…

在 北京。

今週末は仕事が長引いて日本に帰れなくなったよ。 涙 メリクリ! (やけっぱち)

「自分は不幸?」 とりあえず確定させたら?

上機嫌を技にする本を読んでいていいこと書いてあった。 乱暴にまとめてしまうと、「不幸は確定させてしまえ」ということだった。 自分はひょっとしたら不幸なんじゃないだろうか、とふとしたときに感じるものだと思う。世の中の幸不幸は主観的なものだけど…

カジノ法案が通ったと聞いてワクワクしてる

カジノ法案が成立した。 依存症とかの話は前に書いたから脇に置いておくとして、カジノができたときの産業波及効果をあれこれ妄想してみたい。 わざわざ特区を作るのだから、カジノ法案が目指すはミニラスベガス。 ラスベガスには行ったことはないが、映画や…

失敗や不幸にくよくよして不機嫌でいて、何かいいことがある?

上機嫌をスキル化するべきだと主張する本を読んでいる。 失敗や不幸にくよくよして不機嫌でいて、何かいいことがあるだろうか? 不幸そうにしていると誰かが助けてくらそうなものだが、残念ながら現実では逆だ。むしろ明るいひと、幸せそうなひとのところに…