この世は所詮 夢芝居

日々学んだこと・考えたことを、エッセイとしてまとめています。目指しているのは「ゆるふわなチラ裏」。考え&書き続けたい。

競争相手とルールが大きく変わろうとしている「ガラガラポンの時代」

トヨタ自動車株主総会が先週14日にあったそうです。

 

総会で豊田社長は「予測できない時代。前例踏襲ではなく、スピードと前例無視で行動していく」と述べました。自動車業界には、自動運転・コネクティッド(つながる車)・シェアリング・EV(電気自動車)の ”4つの荒波” が押し寄せる。豊田社長はグーグルやアップルやアマゾンの社名を挙げて、「競争相手とルールが大きく変わろうとしている」とかたったそうです。

 

競争相手とルールが変わる」。トヨタは言わずと知れた世界有数の大企業ですけれど、時代の変化を鋭敏にとらえようとしている感じがすごいです。挙がった名前がフォルクスワーゲンや日産ではなくグーグルやアップルやアマゾンですよ。世界トップの企業なのに、油断なんてしていない感じがびんびんに伝わってきます。

 

自動車業界を襲う変化の中で、EV(電気自動車)は特にインパクトが大きいですね。エンジン自動車が無くなり(あるいは大きく減り)、電気自動車へ置き換わるわけです。もしEV(電気自動車)が本格普及すると、裾野の部品がガラッと変わります。エンジンがモータに置き換わり、ミッションは不要になるのです。代わりに電池、基材となるリチウムや化学技術が主役になります。産業構造が大きく変化することで、合わせて時代の意識が変化するはずです。

 

言ってみれば、「ガラガラポンの時代」がやってくるわけです。

 

あるデータによれば自動車業界の世界市場規模は55兆円/年ですから、自動車業界の産業構造の変化は、かなりの変化インパクトがあると予想しています。ちなみに、日本の国家予算は92兆円ですね。国家予算の半分以上の威力です。

 

 

まったく予想できない時代に突入するような感じですが、このような大変化は過去に例はないのでしょうか。

 

実は、あるのです。しかも結構最近にあります。自動車に比べれば規模は小さいものの、主力製品が市場ごと無くなってしまったという経験をしている企業があります。

 

それは、『富士フイルム』の事例です。

 

今では完全にデジカメに置き換わってしまいましたが、ほんの少し前まで、写真フィルムはきちんとした主力産業でした。2000年に写真フィルム市場はピークを迎えています。しかし、そこから年率20ー30%もの勢いで縮小。2010年にはピークの10%以下になり、フィルム業界のトップ企業であったコダック(米)が、その2年後の2012年に破産法の適用を申請しています。

 

家族の記録としてカメラは必ず一家に一台。フィルムもその頃には日常的に売れていました。富士フィルムも基礎研究にも投資し、化学分野での技術的優位性もきちんと確保。当時、フィルム事業は主力でした。ということはフィルムの売上げで開発部門や営業管理部門も含めた数万人の雇用を支えていたわけです。

 

それが一気にゼロになった。恐ろしいことです。この危機に富士フィルムはどう立ち向かったのか。

 

結果から言えば、富士フィルムは主力製品の市場消滅の難局を見事に乗り越えて、売上3兆弱の大企業としていまもなお存続しています。フィルム市場消滅の危機に経営者であった古森重隆氏が当時を語ったのがこの本です。

 

富士フィルムは持っていたビジネス資産を活かし、経営の多角化に成功することで、リーマンショックを乗り越えました。ほぼ第二の創業といっても良いくらいです。こんな大事業をさらっとやってしまっているところに、逆に凄みを感じますね……。

 

感じたのは、本当の危機は、奇策ひとつでは乗り越えられないのだなということです。危機に至るまでどれだけ真剣に成果を積んできたか。その成果の蓄積をどれだけ効率良く新しいビジネスに繋げられるか。言い換えれば、お金を生み出す仕組みにつなげることができるか。……言うのは簡単ですけれど、実行するのは至難ですね。結局 ”いつか来るその日” に備えて、地道に努力する道しか凡人には無いのかも知れません。

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

変化はチャンス、というふうにしたいものですね。

 

 

 

 ご参考。

taftaftaf.hatenablog.com

 

面白いIQテストみつけました

面白いIQテスト見つけました。

 

デンマークのIQテストで、信頼性が高いらしいです。

問題は39問、40分。日本語はありませんが、英語が選択できるので問題ないと思います。なお、テストには言語問題は出てきませんので安心ですね。視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です。

 

興味のあるかたは時間のあるときに試してみると面白いですよ〜

 

 

 

ちなみに自分の結果は

f:id:taftaftaf:20170617132642p:plain

でした。満足、満足。

 

 

反目しあっているけれど、実はそれで釣り合っている

 

他人の不幸に寄り添わずにはいられないタイプの人、いますよね。良い人すぎて、幸せになるのに罪悪感を感じるというような方。どうしてこんなことを言い出しているのかといえば、ちょうどそんな小説を読んだばかりというだけなんですけれど。

 

理性的に言えば、不幸になった人と一緒に不幸になっても、被害者が増えるだけで、社会トータルではプラスは無いわけです。-1+-1= 社会トータルでは -2 みたいな数式でしょうか。何もしなければ -1+ 0= で社会トータルでは -1。いやむしろ、自分がより幸せになれば -1 + 1= で社会トータルとしては0。少しマシかも知れません。

 

けれど人間の心というのはそんなに簡単なものでもなく、トータルが大きいからといって、単純にそれを良しとするものでもないですよね。なにより、不幸な人に寄り添うことで不幸を消せなくとも痛む心を緩和することができる。癒やすことができる。例えば肉親を失った人に寄り添ってあげることが無意味だという人はいないでしょう。

 

だから不幸な人に寄り添う人は必要なんです。だからといって皆が皆、寄り添っていたら社会が回らなくなる。合理性を重視して、不幸な人を冷たく突き放す人も居るでしょう。寄り添う人と突き放す人は分かり合えないようでいてーー個人のレベルでは実際分かり合えないのだろうと思いますがーー全体からすると、バランスが取れている。ヤジロベーのように、相反する人たちがいて、いろんな考え方の人がいて、それでようやく我々の社会というものは回っているのかも知れませんね。

 

自分がある考えを持ったら、必ず反対の考えを持つ人がいる。反目しあっているけれど、実はそれで釣り合っている。自分と対称を取る誰かがいて、その誰かは間違っているように見えるけれど、空高くから鳥瞰してみると、実はそれが正しい姿だということ。そんなことを思いました。

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

気に入らないことも、遠くから見てみると、まったく違う風景になることがありますよね。

 

 

 

【ご参考】(Kindle本) 科学・テクノロジー本フェア【50%OFF以上】

 

Amazonで科学・テクノロジー本のフェアをやっているそうです。(6/18まで)先週のフェアで結構本を買い込んでしまったんですけれど、技術系の本はパラパラ読みでも役に立つから…などと自分に言い訳しながら、面白そうな本を物色。

 

【物色中・・・】

 

 

 

 

【結果】30分ほど検討して、4冊ポチることにしました!

 

・絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用
・ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
・「機能性プラスチック」のキホン (イチバンやさしい理工系)
・図解入門 よくわかる 最新水処理技術の基本と仕組み

 

 

【購入の理由】

・絵で見てわかるIoT〜

話題のIoT本。仕事の関係で、センサーとのつながりとかハード系も含めた構成がわかる本が欲しいなあと思っていたのですよ。ちょっとレビューの評価が低いのが気になりますけど、IoT関連の本なんて有象無象ですからね。


・宇宙飛行士選抜試験 

新書で半額だと300円台でかなりお安いですね〜。昆虫本と競合しましたが、自分の嗜好で決定。


・「機能性プラスチック」のキホン

軽くて強いプラスチックは何かに応用できそうな気がしていて、リサーチしたくて購入。


・ 最新水処理技術の基本と仕組み

水ビジネスは近年少し下火になってきている気がしますが、基本的な知識をつけたくて購入。

 

 

【コメント・買わなかった理由の一部】

 

今話題の仮想通貨の本も安いです。仮想通貨、そう知識も多くないので書籍で勉強しようとも思ったんですけれど、なんといいますかね…。

 

お金というものは、「この硬貨一枚とお肉一切れが交換できる」という「約束事」の集まりだと思っているんですよ。人類が作った壮大な虚構システム、言い換えれば共同幻想がお金だと思っているので、お金について真面目に論考しようとすると壮大な共同幻想が崩れてしまいそうな気がして怖いんですよ。

 

そんな理由で買いませんでした。大半の人に理解いただけないような、とても個人的な理由です。

 

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。

購入動機を深く考えると、意外に自分の本質に迫れるような気がしました。

 

 

 

 

 

【情報展開_ご参考】Amazonで講談社文庫の50%セールやってます。

【情報展開】Amazon講談社文庫の50%セールやってます。6月8日(木)までみたいです。

Amazon.co.jp: 講談社の書籍・雑誌 1万点 最大50%ポイント還元セール(6/8まで): Kindleストア

 

 出たばかりの掟上シリーズ新刊とか 

 森博嗣さんの新刊とかがお買い得です。

 

綾辻さんの 「館」シリーズ伊坂さんのヒット作や、ドラマ化されたルーズヴェルト・ゲーム とか京極夏彦さんの名作なんかも50%ポイント還元。これを英語で言えますか? 学校で教えてくれない身近な英単語のようなノウハウ本も安いですね。吉川英治 三国志合本版に至ってはワンコイン以下で買えます。もはや暴力的。

 

 

で、上の本は読んだものかすでに手元にある本なのですが、こういうセールのときは自分の守備範囲を広げる良い機会ですよね。自分で自分に言い訳ができる良いチャンスだとも言います。とにかく、自分で買うものは、以下みたいな感じです。

 

 

 

 ウォルト・ディズニーの伝記が講談社から出ているんですね。ちょっとお高いんですけど、Amazonのレビュー結果も良かったし、セールなんでポチってみます。

 

 本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 定価で購入した本がセールで売られていると軽く凹みますけど、それでも自分はセールが好きです。

 

 

 

 

日経平均2万円超えた

今日、日経平均が2万円を超えていました。

 

証拠。Yahooより。

f:id:taftaftaf:20170602221411p:plain

 

グラフのレンジを広げてみましょう。2015年8月ぶりの2万円超えみたいです。お久しぶりです。

f:id:taftaftaf:20170602221448p:plain

 

 

株価があがったのはミサイル危機が一段落したと思われたからかも知れませんね。つい最近までミサイルミサイルと報道で騒がれていましたけれど、最近はちょっと落ち着いてきた印象です。報道も日常ネタが多くなり、徐々に平和を取り戻してきた感じを強くしています。良い経済の一番のインフラは、やはり「平和」ですからね。

 

このまま順調に行ってくれることを祈るばかりです。

 

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記録の意味もこめてこの記事を投稿しています。

 

 

 

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

世の中で大事なことは自然からも学ぶことができる

10年も超えて働いているといろいろと色気が出てきて、投資なんか始めちゃうわけです。投資商品を見ていると、ハイリターンと言われているものはたいがいハイリスクで釣り合っていて、世の中うまいことできているなあと思います。たとえて言えば元本が絶対保証される預金は利息はつかないですけれど、元本が保証されない、ゼロになっても文句が言えないような投資信託なんかはやっぱりリスクが高い分、成功した場合のリターンも高めに設定されていますねえ。このリスクとリターンのバランスの見極めをきっちりこなして利益を生み出すのが投資家という生き物なんでしょうけれど、素人同然の自分はなかなかうまくいかずハンカチをちぎれんばかりに噛んで悔しさをまぎらわす日々だったりします。

 

で、リスクとリターンは釣り合うという法則は、世知辛い人間社会だけでなく自然社会でも見られます。ファーストペンギンという言葉を聞かれたことがあるでしょうか。ペンギンは群れで餌を取ります。群れの規模は数百匹くらいでしょうか。しかし餌を取るペンギンたちはすぐに海には飛び込まず、まるで人間のように他のペンギンの顔色を見て、別の仲間が海に飛び込むのを待つのだそうです。というのも、海の中にひょっとしたらサメなどの天敵がいて、ペンギンたちが飛び込んだとたんに食べられてしまうかもしれないからです。餌を取りにいっているのに、逆にペンギンたちが餌になってしまうという笑えない事態です。ペンギンたちにしてみれば、できれば別の仲間が飛び込んだ後、海の安全を確認してから飛び込みたい……。こう思うのは人間だけではないようで、ペンギンたちも自然の本能で見苦しく飛び込むのを譲りあいます。

 

そんななかで真っ先に海に飛び込み、群れの安全を確認するのがファーストペンギンです。一番に飛び込んだペンギンには命の危険がありますが、それに相応しいリターンがあります。それは、他の群れの仲間が入る前の海で、食料である魚をよりたくさん、確実に食べることができるのです。自然界でたくさん食べることはより強くなることと同義です。群れの中で強くなれば、より良いつがいができ、より良い遺伝子を残すことができるわけです。危険を冒して一番に海に飛び込む勇気と献身は、群れのリーダーに相応しい態度でもあります。

 

リスクとリターンは釣り合うというルール。等価交換と言い換えてもいいかも知れないこのルールは、自然の世界にも見られます。とすれば自然界のルールは人間世界に応用できるものだと言えます。生き物たちが生存を争う自然界のルールが人間社会にも適用できるのはある意味当然かも知れません。動物と比べ物にならない知性を持つとはいえ、人間も生き物ですからね。世の中で大事なことは自然からも学ぶことができます。より広く言えば、学ぶ気があれば、視点を変えて物事を見ることで、ありとあらゆることからでも教訓を抽出することができるもの。視点の豊かさはずっと育てていきたいものですよね。

 

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

南極のペンギンは、互いに身を寄せ合って塊をつくり、寒さをしのぐそうですよ。