この世は所詮 夢芝居

読んだ小説。ビジネス本。エッセイ。海外旅行。食べ物とか日常とか。そんな感じ。ゆるふわなチラ裏。

自分が死んだらKindleのライブラリはどうなるのか?

僕はいわゆる電子書籍派でして。頻繁に電子書籍を購入してはアイフォンのKindleアプリで空き時間に読書を楽しんでます。たしか2013年夏からKindleを使い始めたと記憶しているんですけど、このKindle電子書籍冊数が、この2017年3月に800冊を超えました。現在、Kindleには特に不満もないので、これからも電子書籍を書い続けるんだと思います。ライブラリもどんどん肥大していって、最終的にはちょっとした資産になると思うのですが、近所のドーナッツ屋でコーヒーを飲んでいるときに、ふと疑問が頭に浮かんだんです。

 

「もし自分が死んだら、このライブラリはどうなるのだろう? 誰かに相続されるのだろうか?」

 

セールや無料本なんかもよく使っているので、1冊400円くらいと適当に仮定しても、いまのライブラリには30万円を超えるお金を使っていることになります(月に1〜2万円書籍費に使う方に比べればまだまだ少ない)。物理的な本と違って電子書籍は経年劣化しませんから、僕が死ぬ数十年後の資産評価額=購入額になるはずです。誰かに相続されるのだとしたら、相続税も発生しそう。

 

しかし何より、もっと切実な問題があります。ライブラリを他人に見られるというのは、自分の頭の中身を丸裸にされるようで、気恥ずかしい。赤の他人は仕方ないにしても、身内には見られたくない。

 

  • 自分が死んだらKindleのライブラリはどうなるのか?
  • 本を残したい、伝えたい人は紙書籍を
  • 深掘り: 「電子書籍の所有」ではなく「使用権」にお金を支払っていること
  • まとめ

 

続きを読む

牡蠣を食べてきました。

どうもです。

 

突然ですけど、牡蠣、うまいですよね。僕、この前牡蠣を食べに行ってきたので写真をさらします。

 

牡蠣の旬は冬だとばかり思っていたのですが、牡蠣にも種類があって、真牡蠣と呼ばれる種類の旬は確かに11月から2月で冬。でも岩牡蠣という種類もあって、これが夏の6月から8月なのだそうです。冬に海辺に牡蠣小屋が立ちますけど、きっと真牡蠣を焼いているんでしょうね。

 

本当は季節限定で海辺に立つ牡蠣小屋に行きたかったんですけど、時間もないので市内の牡蠣小屋風の牡蠣屋さんに行ってきました。これで栄養をつけて、寒の戻りに耐えようと思います。3月は春が来たと思わせてほんのひとときだけ暖かくなるんですよね。そして冬がちょっと忘れ物を取りにくるかの如く寒くなる。寒の戻りですね。寒の戻りで、季節が春だと勘違いして出てきた草花や蛙なんかが死んだりします。人間社会でも青信号だからといって急いで飛び出したりすると、慌てて左折してきた車にひかれたりします。長い間まちわびたGoサインが出ても、すぐに一呼吸置いてみるというのは、案外大事なことかも知れませんね。

 

さて、牡蠣の話でした。

 

蒸し牡蠣を食べました。

f:id:taftaftaf:20170310235934j:plain

 

身が厚くてぷるっぷるでクリーミー。見た目でもプルプルしてますけれど、口に入れると粘膜を通してもっとダイレクトに牡蠣のぷるぷる感を感じられて楽しい。楽しい上にうまい。牡蠣醤油を垂らしてひとつ。次はポン酢を垂らしてひとつ。どちらがうまいか食べ比べしてまたひとつ。気がついたら1.5kgの蒸し牡蠣はすべてなくなっていました。時間が飛んだのかと思いました。誰かがキングクリムゾンを使ったに違いない。

f:id:taftaftaf:20170310235946j:plain

 

牡蠣のアヒージョですよ。牡蠣自体もうまいですが、牡蠣の旨味が染み出たオリーブオイルにバゲットをひたして食べるのが犯罪的にウマイ。

f:id:taftaftaf:20170310235956j:plain

 

 

美味いものを食べるから生きられるのか。美味いものを食べる幸福な時間こそに意味があるのか。美味い食事こそ人生か。思わず考えこんでしまうほどとにかくウマイ。牡蠣万歳。

 

 

 

 

 

 

(補足)「騎士団長殺し」の他の感想を眺めてみて

 

いろいろ「騎士団長殺し」の感想を眺めてみまして、感想のなかに「エロい」「ロリコン」という意見があり、そういう感想がでることは理解できなくもないのですが、村上主義者の僕としては、多少の補足意見というか、村上春樹さんへのささやかな擁護をしたくなって自分なりの意見を書いてみました。

 

※ 細かい内容でネタバレがあります。

 

 

ーーーーーー キ リ ト リ ーーーーーーーーーーーーーーー

 

続きを読む

「騎士団長殺し」の他の感想を眺めてみて

 

騎士団長殺し」を読み終えて、いろいろと読書サイトを渉猟してみました。第3部がある派の方が他にいないか探してみたのですが、あんまりいらっしゃらないですね。マイノリティ。

 

でも数々の感想を眺めていて思ったのですが、皆さんばらばらの感想を書かれているんですよね。これが同じ本を読んだ結果か、と思うくらいにばらばら。

 

思うんですけれど、村上春樹さんという作家は、物語を計算し設計するタイプの小説家ではなく、小さな描写を組み上げて大きな物語を作るタイプなのですよね。たとえるなら、自然石を積み上げて高い石垣を作るように物語を作っているような感じがします。隙間なくぴたりとした石垣を作れるように、自然石を積んではおろし、別の石に積み替え、バランスを見てまた元に石に戻す、というような作業で小説を書いているみたいな。小さな描写は破綻なく意味が取れるのですが、その小さな描写同士の関連性というものは、読者の判断に委ねられます。近接する小さな描写の数が少なければ、多数の人が読んでも理解はぶれませんが、その小さな描写の数が多くなればどうでしょうか。さらには、村上春樹さんはメタファーの名手です。小さな描写に複数の意味を持たせながら物語を進行させます。そうすると、不思議なことに、描写たちを貫く物語のラインが、幾筋もできてしまうのです。普通の小説では物語のラインはひとつで、それ以上にラインがあると単にできの悪い小説だとか、成り立っていないという評価が与えられます。でも、村上春樹さんの小説はそれぞれの読み方のラインで読めてしまいます。ラインがいくつもあっても、物語が成立してしまうのです。通常の評価方法が通用しない、これが村上春樹さんが巨匠と呼ばれる所以でもあると思っています。

 

しかも小説ですから、理解に間違いはありません。どのような理解であれ、読者からそのように読めたのであれば、その物語は読者のその理解で正しいのです。原理的には。カウェアト・エンプトルです。

 

カウェアト・エンプトル。ラテン語で『買い手責任』のことですが、この文脈では『読者責任、ぐらいの意味ですね。騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編に出てきましたが、流行らない気がしますね。言いにくい。さすがに21世紀にラテン語は古くさい。まあわざわざ引用してきたのは僕なんですが。

 

 

ちなみに、エッセイ 職業としての小説家 (新潮文庫)村上春樹さんはこんなことを言っています。彼にとって小説とはこんなものだと。

 

小説を書くというのは、とにかく実に効率の悪い作業なのです。それは「たとえば」を繰り返す作業です。ひとつの個人的なテーマがここにあります。小説家はそれを別の文脈に置き換えます。「それはね、たとえばこういうことなんですよ」という話をします。ところがその置き換えの中に不明瞭なところ、ファジーな部分があれば、またそれについて「それはね、たとえばこういうことなんですよ」という話が始まります。その「それはたとえばこういうことなんですよ」というのがどこまでも延々と続いていくわけです。

 

そういう、回り道を好むような、スタイルというか、スタンスの作家さんです。なんというか、そういう泥くさい感じ、嫌いじゃないです。

 

 

 

ご参考。

 

taftaftaf.hatenablog.com

taftaftaf.hatenablog.com

taftaftaf.hatenablog.com
taftaftaf.hatenablog.com

 

 

elk.bookmeter.com

elk.bookmeter.com

 

 

終)騎士団長殺し (読書メモ&感想)

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 読み終えましたー。

 

これで終わり? でもまあまあ面白かった。物語的な設問が重なっていく第1部のほうがいわゆる読者をつかむ力というものは強いです。第2部は当然解決編のわけですけれど、引っ張ってこの解答か……という気持ちは否定できず。やっぱり村上春樹さんは中編ぐらいが良くまとまっていて好きなんですけどねー。

 

以下はネタバレの読書メモ。

 

ーーーーーー キ リ ト リ ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続きを読む

続)騎士団長殺し (読書途中での読書メモ)

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

第1部 読み終えました。物語的な設問というか、小さな謎が積み重なって続きが気になるので、続けて第2部に取り掛かりたいと思います。

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

村上春樹さん作品は比喩表現の連なりや重なりの読み解きが必要になりますが、これが結構骨が折れる。まあそれが「良さ」ではあるんですけどね……。でも今作では重要なメタファーは強調され繰り返し登場し、重要でないメタファーは軽く流されたり、あるいは主人公である「私」に否定(例:いや、たぶんそれは私のうがちすぎだろう)されたりしてあって、これまでの作品よりも読みやすい。メタファーに軽重メリハリがつけられたことで、作者にある程度ガイドされていると感じます。「ノルウェイの森」「ねじまき鳥」よりずっと読みやすく改善されているんじゃないかな。物語の読み方の自由度を減じたという言い方もできますが、でもこれは必要な処置だったと考えます。自転車に補助輪をつけるというよりは、真夜中の道に常夜灯を追加するような処置だと感じています。

 

今作「騎士団長殺し」では36歳で画家の「私」が主人公。プロローグからするに、「騎士団長殺し」のメインのストーリーライン(あるいはテーマ)は「主人公が自分が何であるかを知る」「妻を取り戻す」の2点のように思えます。けれど第1部の時点では、まだメインのラインにたどり着いていません。「騎士団長」がどうメインのストーリーラインに絡んで来るのかも、まだ見えていません(予想はできる)。読み続けます。

 

 

< 以下、第1部 読書メモ (個人用です:ネタバレあり注意)>

 

ーーーーーーーーーーーーー キ リ ト リ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続きを読む

騎士団長殺し

 

発売日に買っちゃいました。へへへ。

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

土日で読もうっと。